PLATINUM SONIC でPASSPO☆、predia、paletが勢揃い、狙うはドーム!
PASSPO☆、predia、palet…プラチナム・パスポート所属のアイドルが勢揃いするイベントがPLATINUM SONICだ。今回、場所を恵比寿 ザ・ガーデンホールへ移し第二回目となるPLATINUM SONICが開催される。 第一回目は大好評だったが果たして、今回は各グループから代表者として、根岸愛、前田ゆう、武田紗季が出席して熱い思いを語った。 -「PLATINUM SONIC」1回目やってみてどうでした? 根岸愛同じ事務所に、こんなに色の違うグループがいるんだなってあらためて思いました。 -あまりライブなどでも関わることが少なかったから? 根岸愛そうなんですよね。全員せっかく同じ事務所なのに、あんまりみんな絡む機会がなくて、だから、やっと始めたか!って感じでしたね。“事務所ライブ”というものを。 前田ゆう顔を合わさない人とかもいるので、そのときにお会いさせてもらったりとか。ユニットごとのパフォーマンスって全然違うので、お勉強にもなります。 武田紗季それぞれ、グループごとに色が違ってすごい楽しめたし、他のグループさんの楽曲をカバーさせてもらって勉強になったし、ファンの方もみんな、私たちpaletだけじゃなくてPASSPO☆さんやprediaさん推しのファンの方もすごいあたたかくみてくれて、盛り上がってくれて楽しかったです。 前田ゆうそうですね。ワンマンとは違うし、対バンとも違う、ちょっとアットホームな感じの空気があったりしますよね。 -それぞれのグループとしての出来はどうでした? 根岸愛 一応、結成したのはPASSPO☆が一番初めで、しっかりしなくちゃいけないなってところで…。でも、コラボ曲とかもやったんですけど、それぞれの色や見せたい部分っていうのがグループごとに違うので、PASSPO☆は、自由さというか、柔軟なところを見せられたらいいなって思うし、第一回目ではpaletちゃんの『イチゴ気分』っていうかわいい曲をやらせていただいたんですけど、自分たちはイチゴの被り物をしたり、ふざけたりして(笑)。そういう面で、PASSPO☆らしさを出せたのかな、と思います。 前田ゆう私達はPASSPO☆さんの曲をやらせていただいきました。PASSPO☆さんて、イメージ的にPOPな感じの曲が多いなって印象だったんですけど『WANTED!!』とか『WING』をやらせていただいて、すごいカッコイイんですけど難しくて…。 根岸愛その曲は難しい!しかもprediaさん、ヒールで踊ってるじゃないですか?PASSPO☆のダンスって、ヒールじゃ絶対無理なんですよ。そういう面ではホントにprediaさんの『WING』はすごくて。歌唱力もすごく魅力的だなって思います。だから自分の『WING』のパートを歌ってるときに「あっ、ヤベェな」って思いました(笑)。 -それってヒールは脱いでいいよ、ってことにはならないんですか? 前田ゆうやっぱりprediaのカラーなんで、そこは曲げないんですよ。 武田紗季私たちはコラボ曲で、prediaさんの『Hey Now!!』を踊らせていただいたんですけど、すごい本番までギリギリまでレッスンして大変だったんです。キャプテンのゆいちゃん(藤本優衣)とみゆっちょ(平口みゆき)が中心となってダンスを教えてくれて、フォーメーションとかも考えてくれたりして。もう、「腰」とか使うんですよ。paletにはない振り付けとかたくさんあって…。prediaさんってsexyで大人な感じなので、うまくできなかったですね、私は下手なんで…。 前田ゆういやー。かわいくてうっとりしました。こんなにかわいい曲なんだってあらためて思わされました。 根岸愛全然違う「腰」だったね。prediaさんと(笑)。 -綱引きとかもやりましたよね? 根岸愛はい。この3組対抗で。やらせていただきました。 -なんで綱引きだったんですか? 根岸愛前に、paletちゃんのイベントにPASSPO☆が出させていただいたときにも綱引き対決したんです。好きなんじゃないですか?事務所が(笑)。綱、引かせたいんじゃないですかね? 武田紗季paletはイベントでも綱引きやってるんですよ。 -やっぱり事務所は、綱引き推しなんですね。 前田ゆうしかし、PASSPO☆さん、めっちゃ強くてびっくりしました。リハーサルで勝てたから、ちょっとなめてかかってしまった部分もあって。本番やられてしまったなって。リベンジできるものならしたい。 根岸愛そうなんです、作戦ですPASSPO☆はそこで意地を見せつけましたね。 -2回目となる今回はコラボ曲や対抗戦は何をするか発表されていないんですよね? 根岸愛そうですね。でもまたコラボはあるんじゃないかな、という感じで。 -前回も当日まで言わなかったんでしたっけ? 根岸愛そうですね。前も伏せてましたね。 -コラボ曲は未定にしても、グループは入れ代わりそうですね。 根岸愛前回はprediaがPASSPO☆。PASSPO☆がpalet。paletがpredia。たぶん、その組み合わせも今回は変わると思います。ただ。今回は出演メンバーも、増えるんですよね。 -3つの「P」だけじゃない? 根岸愛3つの「P」だけじゃないんですよ。前回もオープニング・アクトで出てくれたグループもいるんですけど。今回もまた増えて。 -後輩たちが? 根岸愛そうですね。FYT(ファイト)、ぷちぱすぽ☆、サンミニッツ、ユルリラポ。「ぷちぱすぽ☆」ちゃんは、PASSPO☆がプロデュースしてる5人組のアイドルユニットで、2020年の東京オリンピックに向けて走り出したグループなんですけど。 -プロデュースしてるんですよね? 根岸愛振り付けもカラーも衣装もプロデュースしてたりとか。これから一緒にイベントとかもやっていくんですけど。5月31日にお披露目があって、そっから、バシバシ活動します。 -後輩がいっぱい来るってことは、逆に緊張します?変なところ見せられないなとか。 根岸愛いや、そういう感じはないですね。ただ、楽しみだなって思います。 -ということは、この3組の組み合わせだけじゃなくなる可能性もあるんですね? 根岸愛そうですね。まだわかんないですけど。(笑)ホントの意味で把握してないところも多々あります(笑)。 -もうpaletが一番下のグループってことはないんですね。どうですか?今まで一番後輩だったのに。 武田紗季はい。後輩がいっぱいできて、嬉しい気持ちでもあるんですけど、負けないようにがんばんなきゃなって、力入れてますね。その日で私たち、新体制にもなるので。 根岸愛新しい発表もあるんだよね?この日に。 武田紗季はい。新メンバーも加えた新体制として、新しいpaletになります。気合いが入ってます!期待して欲しいです。 -前回にやればよかったとか、やっとけばもっと盛り上がったのにみたいなことありますか? 根岸愛縛りでやってもおもしろいかもしれないと思いました。例えば「最年少」とか「担当カラー」とか。前回は一応PASSPO☆は私で、paletはゆいち(藤本優衣)で、prediaさんは林弓束さんで、MCを回したんですけど、多分もっと他の子も組み込んで、対談じゃないですけど、企画とかできてもおもしろいのかなとは思いますね。 -predia的にはセクシーコーナーとか。 前田ゆうそうですね。セクシー担当もいるんで、セクシーコーナーやりたいんですけど、「ぷちぱすぽ☆」ちゃんにもすごい若い子たちがいるので、大丈夫かなっていう不安もあるんですよ。 武田紗季あと、普通の運動会とかしてみたいんです。綱引きだけじゃなくて、人数が多いので限られちゃうと思うんですけど。なにができるんでしょうね? 根岸愛玉入れ? 武田紗季ああ~。やってみたい!楽しそうですね。私、高校卒業してもう学生ではないので運動会できる機会がないんです。 -「ぷちぱすぽ☆」が入ると、かなり年齢幅が広がる。 前田ゆうぷちぱすぽ☆ちゃんの一番下って、どのくらいですか? 根岸愛12~13歳? 前田ゆう12~13歳!prediaの最年長が28歳で、今年29歳の年なんで、最悪、子供でもおかしくないかも…。 -そう考えると、だいぶ離れてますね。大丈夫ですか? 前田ゆうどうしましょう。「おばちゃん」って言われるんですかね?やっぱり。 -いや、面と向かって「おばちゃん」って言ったらめちゃくちゃハートが強いですよ(笑)。 前田ゆう怖い! -そして、今回は会場が変わります。 根岸愛はい!恵比寿ザ・ガーデンホールです。会場的には広くなってます。 ―500人くらい増えてますよね。満員にしてまた盛り上がれば最高ですよね。 根岸愛そうですね。だんだん大きくなっていけたらいいですもんね。フェス自体が。 -どのくらいの規模まで大きくしていきたいですか? 根岸愛あっ。会場ですか?まあ、ドームですかね?目指すはドームですよ(笑)。 -笑っちゃっているので、もうちょっ現実的にしましょうか?武道館だったら? 根岸愛そうですね。「武道館 PLATINUM SONIC 」。やりたいですね。 -野外とかどうです? 根岸愛 ああ!野外も捨てがたいですね!野外だったら、ちょっと出店とか出して、お祭りっぽくしてもおもしろいですよね。みんなで食べるもの作ったり売ったりして。 -それを実現させるためにも、2回目の成功なんですけど。 根岸愛私たちにかかってますね。 -手ごたえはありますか? 根岸愛まだ、決めてる段階なんですけど。前回のPLATINUM SONICをやってpaletちゃんの新体制の発表もあったりとか、PASSPO☆も今年になって7人になって新体制になったりもしてるんで、結構変わったじゃないですか?だからこそ気合いも違うので、そこは新しくなったみんなを見て欲しいなと思います。 -変わってないのはprediaだけですね。 前田ゆうそうですね。prediaらしさを出していけたらなって思ってます。PASSPO☆やpaletさんの持ってるカラーが全然違うので、そういった意味ですごい楽しんでいただけたらなって思うんで、prediaカラーを最大に出していこうと思っています。 -各グループ、最大の持ち味は何でしょうか? 前田ゆうprediaの曲って歌謡曲っぽくて、歌詞が大人っぽくちょっとエッチな歌詞があったりとかしちゃって、そういうのを堪能していただけるように、がんばろうと思います。 根岸愛ホントに前回のPLATINUM SONICをやって、PASSPO☆のファンでも、paletを好きになったとかprediaを好きになったって人がいたので、そういうのがすごく嬉しかったんです。同じ事務所の違うグループを好きになってもらうのは、一緒に大きくなっていけるなって思うし、また、今回初めて見てくださる方もいると思うので、楽しみです。 武田紗季私達はpaletらしく、会場のみなさんをpaletカラーに染められるように、それぞれの担当カラーに染まってもらえるようにがんばります。 -同じ事務所とは言え、自分たちのファンじゃない方もいるのってどういう感じなんですか? 武田紗季受け入れてもらえるのかな?と最初は不安だったんですけど…。PASSPO☆さんのファンとかprediaさんのファンとかみなさん優しくて、一緒に応援してくれるので、嬉しいです。 -舞台の上からどのグループのファンだとわかるものなんですか? 武田紗季だいたいわかりますね。 根岸愛でもかぶってるファンの方もいるので。「兼ヲタ」の方、割と多いですね。 前田ゆうアットホームですよね、プラチナムファンって。他の対バンに比べて圧倒的に。 -では、それぞれの発展にむけてPLATINUM SONIC 2015 Vol.2をしっかりとやるって感じですか? 根岸愛、武田紗季、前田ゆう はい!がんばります。 -PLATINUM SONIC後のPASSPO☆はどういう活動を? 根岸愛そうですね。TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)とか、結構対バン系もありますし。あと、やっぱり一番はこのPLATINUM SONIC 2015 Vol.2のあとにワンマンライブがあるんですよ、同じ会場で「PASSPO☆ワンマンフライト 《速度上昇!スーパーソニック~機内食を食べている暇はございません~》」というライブが。それに向けてがんばってます。お昼に来てくれた方が、夜も来てくれたらいいなって思いますね。7人態勢になって初のワンマンなので、かなり気合い入ってます。 -どうですか?2人いなくなって。 根岸愛ん~やっぱり一気に減るな~って。そのいなくなったひとりひとりが、ホントにPASSPO☆にとって大切な存在だったなってあらためて感じるし、もちろん見ている人にも伝わることだから、その寂しさを埋めるためには前よりもいい状態にしなきゃいけないって言うのも変ですけど、もっと違う方面から楽しんでもらえるようにマイナスじゃなくてプラスにして、7人でワンマンできるように、これから試行錯誤してがんばっていきます。 -prediaはどうですか? 前田ゆう8月にツアーがありまして。年末にZepp Tokyoが決まってるんですよ。prediaからしたらすごい夢の会場で…パワーアップして、Zepp Tokyoをみんなに来てもらえるように今は猛特訓中です。 -paletはどうですか? 武田紗季paletも8、9月にツアーをまわらせていただくので、すごい今から楽しみです~。各地でおいしいものを食べつつ、地方のファンの方たちと一緒に暑い夏を過ごしたいと思います。 -おいしいもの、いいですね。 武田紗季は~い。おいしいもの。たこ焼きとか食べたいです! -たこ焼き?? 武田紗季はい! 根岸愛かわいい!PASSPO☆も大阪に行きます。8月22日(土)にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)でライブがあります!今から楽しみです。ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショー(R)っていうショーがあって、コラボをさせて頂くんです。だから、普通に曲もやるんですけど、色々な演出が含まれてたりとかすごい楽しみです。 -PASSPO☆も大阪で美味しいものを? 根岸愛PASSPO☆もたこ焼きが楽しみです!…可愛らしく、便乗しました(笑)。 乃木坂46がMCのアイドル番組「生のアイドルが好き」【ゲスト:乃木坂46/アイドリング!!!/P-Girls】【PASSPO☆その他の記事はクリック!】