京都発ミライスカートメジャー後初ライブ 一層深まるファンとの絆
昨年オーディションで集まった4人組アイドル「ミライスカート」。5月の京都MUSEを満杯にできなければ“解散”というハードルを難なくクリアし、見事7月21日のメジャーデビューを勝ち取った。 7月21日にはメジャーデビュー後 “初”となるライブを彼女たちのホームでもある「京都メトロ」で開催。この日はメンバーの一人である「相谷麗菜」の生誕祭ということもあり、チケットはもちろんソールドアウト!!超満員の中、この日のライブは、メジャーデビュー曲でもある『COSMOsSPLASH』からスタート。 デビュー曲にもかかわらず、フロアーの浸透度が高く、早くも汗だく状態!「この曲でデビューします!」という意思表明もとても印象に残る言葉となった。またこの日の目玉としては生誕祭の主役でもある相谷麗菜がYUKIのカバー『歓びの種』をピアノ弾き語りで披露。ファンとの絆、そして、ミライスカートとしての絆をやさしく育むかの様にしっとりと歌い上げた。 さらに、場内にはまさに「歓びの種」が花を咲かせるがごとく、ファン、そしてメンバーからのサプライズプレゼントが!!シングル収録曲でもある『おねがい』の歌詞をアレンジし、相谷以外の会場すべてで歌いあげ、相谷のバースデーをお祝いを!予期せぬサプライズに、驚き&嬉しさで相谷の目から涙が、、、、メジャーデビューとライブの成功の両方を強く感じるひと時を会場全体で味わった。 約1時間のライブはアンコールの『未来ノート』で終了。歌詞の中にある「未来の鍵」をまさに“手”にしたような一夜であった。 ライブ後、メジャーデビューを迎えたメンバーは… 児島真理奈「メジャーデビューそしてれいにゃんの生誕祭をメトロさんでお祝いできて、ほんとうに幸せで楽しい時間を過ごすことができました!いつもファンの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。これからの活動でたくさん恩返ししていきます!絶対に。」 相谷麗菜「ミライスカートでよかったって心の底から思うし、ミライスカートのためにも自分のためにも改めてもっと頑張ります!!」 林奈緒美「やっぱり定期公演ダナー!!って感じでした!いつも来てくれるみんなが大好き!楽しかった!」 橋本珠菜「れいにゃんとお客さんの幸せそうな顔を見て私もハピルンな1日になりました?」とコメント。 そして、気になるオリコンデイリーチャートは初登場で6位をマーク。ウィークリーチャートでも25位(7月27日付)に初登場し、幸先の良いスタートを切った。結成から短期間ながらも著しい成長をしていくアイドル「ミライスカート」。京都を飛び出し、「ミライスカート」はまさに全国にスプラッシュ中だ。