FTISLAND 横アリ大熱狂!壮大なイタズラにファン騒然
韓国出身の5人組ロックバンド、FTISLAND(エフティーアイランド)が、7月20日に神奈川県・横浜アリーナで「FTISLAND 5th Anniversary Arena Tour 2015 “5…..GO”」を開催。5月からスタートし、4都市5公演で4万5千人を動員したアリーナツアーを完走した。 本ツアーは、日本メジャーデビュー5周年を記念したアルバム『5…..GO』を引っさげたもの。「朝からテンション上げてきた」というジョンフン。「5周年。5人がずっとGO!という意味にハマって、初めてツアータイトルとアルバムタイトルを同じものにした」というホンギは、髪をピンクに染め直し、立ち見も出た満員の最終公演に向けて気合十分。 そんな彼らの想いはファンにも伝わり、オープニングの『PRAY』からミンファンの華麗なドラムスティックパフォーマンスに合わせ、重いビートに呼応するようにペンライトの光も力強く揺れる。 疾走感のある楽曲を続けざまに演奏し、スタートから熱気は最高潮に。今回は、通常のドラムセットに加えて、シンセドラムを用いた2つのドラムセットを用意して、『FREEDOM』などをEDMバージョンにアレンジする新しい試みも見せた。 中盤は、ホンギ、ジェジン、スンヒョン、3人のボーカルを活かしたパートへ。彼ら自身の葛藤と希望を曲にした「To The Light」では、会場のペンライトを消させて、暗闇で歌うジェジンから、ホンギが歌うサビでファンが手にしたケータイの白い光がフロアを満たす幻想的な光景を作り出した。自分たちの楽曲の世界観をファンと一緒に作り出す演出力も、ライブバンドならでは。 『雨』をテーマとしたバラード・パートでは、ホンギ自らがアコースティックギターを弾いて、ONE OK ROCKのTakaとふたりで作った『My Birthday』を披露。「テンション上げろ~!」というホンギの雄叫びで始まった終盤は、『シアワセオリー』からまたもイッキに駆け抜ける。 さらに横浜公演では、これまでのツアーステージでは演奏されなかったアルバム収録曲『Orange Days』を特別に披露。ラストはアルバムのタイトル曲でもあるTakaとのコラボ曲『Primavera』で締めくくった。 また、アンコールの掛け声がかかる客席からは突然、ウエーブが巻き起こり、会場中に黄色の大きなビッグウエーブが巻き起こった。これは大阪公演からファンの間で始まったものだったのだが、アンコールではメンバーたちがそのファンの声援にこたえるかのように、とにかく歌って、踊って、ジャンプしまくるアッパーな構成。 『TOP SECRET』で始まるアンコールもバンドはもちろん、この日のステージのみの追加楽曲となった「Beat it」まで歌い上げ、ファンにも休む間を与えない。最後の「Flower Rock」ではファンを一度座らせて一緒に大きなジャンプをしたり、ファンとのコミュニケーションで作り上げる一体感がスゴい。常にファンに言葉と音楽で話しかけるホンギ。この一体感がFTISLANDのライブの魅力だ。 あまりの盛り上がりに別れが惜しくなったようで、急遽『願う』をプレゼント。ファンも韓国語の曲を完璧に歌いこなし、会場中に大合唱があふれた。ヤンチャな男の子らしさと、爆発するパワーと一体感が生み出すランナーズハイのような感覚。これぞ、FTISLANDの作り出すバンド・サウンドだ。 MCでは「実は、次、いつライブができるか決まってない。しばらくできないかも……」と神妙な顔でファンをザワつかせたホンギ。 最後の最後に9月16日に発売される15枚目のシングル『PUPPY』のリリース発表と、9月28日のZepp Nagoyaを皮切りにスタートし、10月29日の日本武道館でファイナル公演を迎える「FTISLAND 5th Anniversary Autumn Tour 2015 “Where’s my PUPPY?”」を発表、FTISAND史上壮大なイタズラを仕掛け、「いつもと同じじゃつまんないじゃん! FTISLANDは止まりません」と、笑うところも彼らしい。 秋には、5周年のアニバーサリーイヤーの集大成ともいえる2度目の武道館で、どんなライブを見せてくれるか、期待が高まる。 【クリック】FTISLANDをチェック