松岡充 安達祐実、安倍なつみと共演で辻仁成9作目映画主演へ
松岡充が、辻仁成9作目となる新作映画への主演が決定した。 音楽監督は、SUGIZO(LUNA SEA X JAPAN)が担当。「TOKYO DECIBELS」という“音”が感じられる作品タイトルでもあり、ミュージシャンという共通項をもつ「辻仁成×松岡充×SUGIZO」3人の表現者達の強力タッグにも今から期待が高まる。 また、2002年SOPHIA Sg『STRAWBERRY&LION』MVに出演以来の安達祐実、松岡とは初共演となる安倍なつみというダブルヒロインが決定している。 昨秋、松岡は辻氏のフランスの自宅に招かれ、直々にラブコールを受け、今作の主演を担当する運びとなった。 「松岡充の役者としての代表作を一緒に創ろう」この辻氏の一言が松岡を動かし、快諾に至ったという。「ミュージシャン同士だからこそわかりあえる共通言語が辻さんとの仲にあると思います。この関係性を生かしつつ、撮影中はアーティスト松岡充の顔を一切排除して、辻さんの創る【映像世界】で宙也という男性の人生を生き抜きたいと思います。役者としての松岡充も10年を超えました。その経験を生かして、良い作品になるよう全力を尽くしたいと思います。そして、SUGIZO先輩との共演も楽しみですし、映画音楽にもとても期待しています」今作は、2016年公開予定。 【キャスト】荒田宙也役/松岡充(SOPHIA MICHAEL)マリコ役/安倍なつみフミ役/安達祐実矢崎役/長井秀和リサ役/鈴木優希黒沢役/SUGIZO(LUNA SEA X JAPAN)小林役/坂上忍 (友情出演)原作・脚本・監督/辻仁成音楽監督/SUGIZO(LUNA SEA X JAPAN)