w-inds.圧巻パフォーマンス!大人の魅力に胸キュンのツアー開幕
デビュー15年目を迎え11枚目のフルアルバム『Blue Blood』を発売したばかりのw-inds.が、7月18日に松戸・森のホール21から全国ツアーをスタートさせた。 w-inds. LIVE TOUR 2015“Blue Blood”は全国15公演。前作“Timeless”以降もますます音楽的な進化を見せつける彼らが、満を持して『Blue Blood』の世界観をステージで解き放った。 本ツアーではw-inds.のライブ史上初めてサックス、トランペット、トロンボーンといったホーン隊が生演奏に加わり、ホールを包み込むようなバンドのスケール感を実現。 アルバムからの新曲はもちろん、歴代の人気曲もバックバンドの生演奏によりますます躍動感を増していく。常にワールドワイドな基準で制作されてきたw-inds.の楽曲だからこそ、全曲がハイクオリティ。生演奏でさらに磨きがかかるうえに、橘慶太の圧倒的な歌唱力が加わると、もはや芸術の域を超えているように思えてくる。 千葉涼平、緒方龍一が魅せるソリッドなダンスパフォーマンスが、これでもかと視覚を刺激し続けることによって、オープニングからエンディングまでひと時も目が離せないものだから、体感時間はあっという間である。80年代のサウンドを現代風にアレンジして完成した『BlueBlood』。 濃密に大人の魅惑が詰まった究極の“SHOW”は音楽ファン必見だ。世界基準のステージングで盛り上げ続ける彼らから今夏も目が離せそうにない。 ☆w-inds.過去楽曲!超懐かしいあの曲も