LinQ 木村早希、由地成美が卒業!「誇れるグループに」
九州/福岡を拠点に活動するアイドルグループ、LinQ(読み:りんく)が、2015年7月12日、天神ベストホールにて木村早希、由地成美2名の卒業公演を開催した。 二人共にLinQの2期生としてグループ加入、デビューから3年半LinQ創世記を支えてきたメンバー。 公演のセットリストは木村早希と由地成美の二人で話し合って決めた、しんみりしたライブではなく、みんなが笑顔で楽しめるライブにしたいとの思いが込められた内容となっていた。 冒頭の「ナツコイ」では木村早希はタンクトップにショートパンツの筋肉ムキムキの衣装、由地成美はハイレグの水着姿という、キャラクターを活かした衣裳に早替えをステージ上で披露しファンを驚かせた。 LinQの代表曲「チャイムが終われば」では、二人を中心にしたパフォーマンスが披露され、ファンへの感謝をこめた、『My Letter』は二人きりで披露された。『No Lady, No Life』では二人が最高の仲間と語るLinQ年長メンバー「Lady」メンバー全員でパフォーマンス、卒業公演で1番の盛り上がりを見せた。 最後の曲は二人にとって思い出深い『shining star』。二人のデビュー公演で初めて披露した楽曲となる。二人のアイドル人生は「shining star」で始まり、『shining star』で幕を下ろした。 ●木村早希コメント「二人は今日で卒業しますが、LinQはもっともっと私たちが誇りを持てるグループに成長してくれると思います。」 ●由地成美コメント「楽しい事もたくさんあったし、その何倍もつらいこともあったけど、LinQに入って活動できたことは全く後悔していません。LinQに入っていた事をもっともっと誇れるグループになってくれると思っています。」