青山テルマ 1年ぶり新作EPは「男性像」を楽曲で表現
青山テルマが1年ぶりの新作、EP(ミニアルバム)『GRAY SMOKE』を9月16日に発売することが決定した。 楽曲制作からビジュアルまでALLセルフプロデュースで手がけた前作『Lonely Angel』でアーティストとしての評価を一気に高めた彼女。 今作は男性クリエイターとの共同作業により青山テルマのイメージする「男性像」を楽曲で表現したコンセプト作品。清水翔太、降谷建志をはじめ、ミュージシャン、デザイナー、映像作家に至るまでリアルストリートの新進気鋭アーティストからBIGな盟友までが参加。 タイトルの『GRAY SMOKE』が表す通りシックでメロウな曲を中心に、クリエーター陣のさまざまなアプローチが注目の作品となりそうだ。