NGT48二次審査に北原、柏木参加「グループの新たな未来見えた」
NGT48第1期生オーディションの2次審査(面接)が、7月11日(土)に新潟市内で行われ、今村悦朗(NGT48劇場支配人)、北原里英(NGT48キャプテン)、柏木由紀(AKB48兼任)の3名も審査員として参加した(審査員は計11名)。 1次審査(書類)を通過し本⽇の2次審査に参加したのは、181名(うち新潟県内の応募者は、105名)だった。最終となる3次審査(ダンス・歌唱)は7月下旬を予定している。 今村悦朗(NGT48劇場支配人)今年NGT48の支配人を命じられて、ドラフトや劇場の場所の発表など少しずつ進めてきましたが、今日NGT48第1期生になるかもしれない応募者を直接見て、「いよいよ来たな!」と感じました。新潟県は広いので市内の劇場にはなかなか来られない方もいると思うので、キャラバン隊のように、「会いに行くアイドル」としても多くの町にも足を運んでいきたいと思っています。 北原里英(NGT48キャプテン)今日ほど、自分がAKB48のオーディションを受けたときのことを思い出した日はなかったです。一人一人を見られるのは短い時間でしたが、一目見てひきつけられる子が何人もいました。新潟といえば肌の白い子が多いイメージでしたが、「部活を頑張ってます」日焼けをしているたくましい子が沢山いたので、頼もしいなと感じました。 柏木由紀(AKB48兼任)※NGT48兼任が決定してから初の新潟訪問新しい姉妹グループの立ち上げに、こうしてメンバーがいちから携われることはなかったので、嬉しかったです。「新潟を盛り上げたい」と意気込みを語る子が多かったのが印象的でした。NGT48メンバーとして新潟を訪れたのは初めてでしたが、NGT48だけでなく48グループの新たな未来が見えました。(C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】