岡田有希子が遺してくれた音源 ハイレゾで甦る
岡田有希子9枚のシングルと4枚のオリジナルアルバム、全56曲をアナログのマスターテープから新たにリマスタリング、96kHz24bitのハイレゾ音源での配信を9月16よりスタートすることが決定した。 今回のハイレゾ化にあたっては、リリース当時のディレクターもマスタリング作業に参加。当時のレコーディングスタジオで聴けたサウンドを甦らせる。 既存のCDプレイヤーでも楽しみたいという方には、今回のリマスター音源を高音質CDの決定版UHQCDで同時発売。こちらはデータ配信にはない、当時のジャケットや歌詞カード、オビまで再現。ゴールデン☆アイドルシリーズでも好評を博した、シングルレコードジャケットサイズの豪華ダブルジャケット・パッケージでの復刻となる。なおオリジナルアルバム単位での再発売は今回が初めて。 岡田有希子の楽曲は、音楽的なクオリティ、参加スタッフも最上級。デビューシングルから3rdシングルまでを含め、竹内まりやがシングルに7曲、アルバムに4曲、計11曲を楽曲提供。これは竹内まりや自身の提供曲数としても最多だ。 他にも尾崎亜美、坂本龍一、大貫妙子、EPO、財津和夫、小室哲哉、杉真理、かしぶち哲郎、松田聖子ほか豪華メンバーが作詞、作曲で参加。2nd、3rdアルバムのアレンジは全曲、松任谷正隆が担当していて、アルバム以外にもシングルのアレンジも4枚を担当、B面曲も含めると計7曲を手掛けている。 レコーディングにも超一流のスタジオミュージシャン等が参加しており、その音楽性と魅力は高い評価を受け続けている。岡田有希子の楽曲をこれまで聴いたことがないという方も、この機会にぜひ触れてみては。