瀧川ありさ リリイベツアーがスタート!「焦がれる風景届けたい」
大人気TVアニメ「七つの大罪」のエンディングテーマに大抜擢されたデビューシングル『Season』がロングヒット中の話題の新人シンガーソングライター“瀧川ありさ”。 今週リリースされたばかりの2ndシングル『夏の花』が、着うた(R)配信サイトのランキング初登場第1位を獲得、音楽配信サイトハイレゾ配信ランキングTOP10入り、各FM局・CS局のパワープレイ5冠を達成、さらに8月16日(日)に開催される夏フェス「SUMMER SONIC 2015」への出演も決定するなど人気急上昇中。 そんな瀧川は、この夏、2ndシングル『夏の花』を引っ提げて、全国10か所で『夏の花』リリースイベントツアーを開催。 同イベントでは、ミニライブやCDジャケットサイン会などが行われる。ツアー初日となった7月9日(木)タワーレコード渋谷店 1Fイベントスペースでは、トレードマークでもある一つ結びにした髪を揺らしながら『夏の花』を含む全3曲を披露。 約200人のファンで埋め尽くされた会場を熱く盛り上げた。 さらに、初のワンマンライブを11月23日(月・祝)にTSUTAYA O-nestにて行うことも決定している。 瀧川は「初めてのワンマンライブが決まりとても嬉しいです。誰かの為になりたくて、そして自分が焦がれる風景を届けたくて音楽をやっています。悲しみも苦しみもひっくり返す演奏をします。紅葉揺れる秋、お待ちしてます」とコメントするなど、初のワンマンライブ開催に向けて気合十分、チャームポイントでもある大きな目を輝かせながら熱い思いを語った。 只今、瀧川ありさのオフィシャルサイトにて、チケット先行受付を実施中とのことなので、ぜひチェックしてみてほしい。