乃木坂46 西野七瀬、魔球体得!?金メダリストの太鼓判に恐縮しきり
テレビ東京系で今日深夜0時12分から(テレビ大阪は7月13日(月)夜11時58分から)スタートする、乃木坂46総出演ドラマ『ドラマ24初森べマーズ』。 このドラマに、日本女子ソフトボール界のエースでありオリンピック金メダリストの上野由岐子投手、そしてキャプテンの山本優選手がゲスト出演することが決まった。 7月8日(水)、上野・山本両選手は、普段のソフトボールの試合の勇ましい表情とは異なり、緊張の面持ちでドラマ撮影に臨みました。気になる役柄はなんと2人とも本人役。魔球を身につけたいななまる(西野七瀬)に、四蝋投(すうろうとう)と呼ばれる魔球を上野選手が教えるという設定。 また、演技に初挑戦の上野・山本コンビは、撮影に入る前から「緊張する!」と言いながら台本の確認をしていましたが、監督からの指示に的確に応え、撮影終了後は「楽しくできたのですごい良かったです。」(上野)、「わからないことだらけだったのですが、緊張しながらも楽しくやらせて頂きました。」(山本)と、安堵感と達成感が入り混じった様子。 アイドルグループ乃木坂46のメンバーとの共演には、「細いし、顔小さいし。アイドルなのに演技力がやっぱり違う。別なプロの世界を味わえて、いい経験になりました。」とコメント。そして、西野のピッチングに上野は「フォームに癖が無くてキレイに腕が回っていたのでちょっとビックリしました。」、山本も「ダイナミックなフォームなので絵になると思いました。」と太鼓判を押した。予想外の好評価に西野は「もうそんな、とんでもない!」と恐縮しきり。 一方、実際の上野投手のピッチングを見た西野と高山は「球がすごく速い…。」「プロの技をこんなに間近で見られるなんて!」と大興奮。 上野、山本は「ソフトボールをテーマにしたドラマがこの時期にあることは、皆にソフトボールに興味を持ってもらえるチャンス。そのドラマにこうして自分たちが参加できることは意義深い」とソフトボールのPRにつながればと意気込む。 また、7月22日が上野投手の誕生日であることを知った西野は、「(主題歌である)『太陽ノック』の発売日なんです!」とこちらもしっかりと新曲をPRした。 上野投手と山本内野手のコンビが登場するのは8月28日(金)の第8話。今年は、女子ソフトボールが熱い年になりそうだ。 そして、本日、夜11時58分からの『ネオスポ』に、ななまる役の西野七瀬とユウウツ役の松村沙友理が生出演!!キャスターに初挑戦する2人を、お見逃しなく! 【「ドラマ24初森べマーズ」みどころ】第52回ギャラクシー賞特別賞を受賞した『ドラマ24』の記念すべき第40弾は、2015年7月10日スタート、今、人気急上昇中の乃木坂46が総出演する、スポ根青春ドラマ「初森べマーズ」。企画・原作はドラマ24で『マジすか学園』を生み出した秋元康。ソフトボールど素人の超弱小チームが強豪チームに戦いを挑む青春ドラマ。そこに昭和のスポ根アニメのような魔球やアクロバティックなプレーなど劇画的な要素が加わり、テレビ東京深夜のドラマ24にふさわしいドラマです!寂れた下町に住む少女たちが思い出の公園を守るために、ソフトボール経験のないメンバーばかりで女子ソフトボールチームを結成し、超強豪チームに戦いを挑む、汗と涙と、魔球も飛び出すスポ根ドラマです。厳しい特訓、仲間とのケンカ、恋愛、友情などなど、この時代だからこそ心に響く真っ直ぐな物語を展開します。キーワードは“はじまる”!ちなみに、チーム名の「初森べマーズ」は…弱小チームの成長を描いた野球映画「がんばれ!ベアーズ」に習い、「初森ベアーズ」にしようとしたが、ユニフォームを注文する際、ベアーズの“ア”を“マ”に見間違えられてしまったことによります。 (C)「初森ベマーズ」製作委員会