動画再生200万回!噂の現役JK青野紗穂ついに配信デビュー
青野紗穂。14歳でN.Y.アポロ・シアターのアマチュアナイトのキッズ部門「Stars of Tomorrow」に出場。 信じ難い貫禄と度胸でホイットニー・ヒューストン“I Have Nothing”を披露し優勝を果たし、現在「水曜歌謡祭」で水曜シンガースとしてTVで歌う姿を目にしたという人もいるかもしれない。 そのポテンシャルの高さと動向が注目される“噂の17歳”青野紗穂が現役JKシンガーとして配信デビューし、早くもiTunesのR&Bアルバムチャートで5位をマークした。 今回配信されたEP『INTRODUCTION』は、先行でMVが公開されている“Once in a Lifetime”を含め、いずれもスタンダードなアーバン・ポップが追求された全5曲。 17歳とは思えないほど彼女のパフォーマンスは完成度は高く、事前の期待を確信へと一歩進めてくれる。 プロデューサーとして安室奈美恵や三浦大知らとの目覚ましい成果で知られるNao’ymtや、福原美穂、少女時代や、倖田來未ら多様な実力派アーティストと組んできたカミカオルらの強力な面々がバックアップしている。 何かが起こりそうな予感、フレッシュな大器への期待感を、手練のクリエイター陣がそのまま投影したような楽曲が並ぶ、文字通りの『INTRODUCTION』。是非チェックしてみよう。