CLφWD入手不可能楽曲がついに解禁
2015年ヴィジュアルロックシーンに新風を吹かせているハイブリッド実力派バンド「CLφWD」。 彼らの楽曲の中で、今や入手不可能となっているBeginning CD『WAKE UP』、そして1st MiniAlbum『フィクションφ』がdwango.jpにて全曲独占配信されることが発表された。貴重な楽曲となり、ファン待望の配信となっている。 また、8月5日(水)にリリースされる1stシングル『#夏の微熱』OFFICIAL MVがフルバージョンで公開された。『#夏の微熱』はそのタイトル通り、夏がテーマというCLφWD流のサマーチューン。前作『セブンスセンス』のようにR&B、HIPHOP要素を取り入れつつ、Bメロやサビでの非常にメロディアスでありながら壮大なコード感はまさにCLφWDの持つハイブリッドサウンド。 「夏をテーマにするアーティストは沢山いると思うんです。その中でも前向きな切なさを描きたかった。それが僕らの唯一無二であると思うから。」とメンバーが言うように明らかにメジャー調の楽曲なのに、ドラマティックであり後半に進むにつれ激情が見え、どこか切なくなる。アウトロではイントロと同じメロディが乗っているのに、全然雰囲気の違う、前向きな切なさに胸を打たれる。 そして今回サウンドプロデュース&マニピュレーターとしてYo-shiT氏、MIXエンジニアには徳永大知氏を迎えている。メンバーも尊敬する両氏により楽曲の世界観や音の広がりが相当増したのだという。 MVに関しても、楽曲のテーマとまさに合致した星降る夜空のもとで撮影が行われた。白い衣装に身を包み、この日の為に揃えられた真っ白のギターやベースが印象的である。そしてなんとカメラワークとして今非常に注目度の高い”ドローン”がヴィジュアル系MV撮影にて初めて使用されたという。空からの視線を表現したいという要望に応え、最新テクノロジーの起用となった。 この夏、多数のイベント出演、インストアイベント、初ワンマンライブと大忙しの彼らだが、2016年1月7日には1周年記念ワンマンライブも決定しており、まだまだそのスピードは加速する一方だ。 ☆CLφWD入手不可能楽曲を買うならクリック!