キング・クリームソーダが「ゲラゲラポー」封印!謎も明らかに
テレビ東京系人気アニメ「妖怪ウォッチ」の主題歌『ゲラゲラポーのうた』を歌う男女3人組、キング・クリームソーダが、7/22発売アルバム『バイバイゲラゲラポー』の表題曲を最後に”ゲラゲラポー”フレーズ使用を封印!?することになった。 昨年「ゲラゲラポーのうた」から歴代4曲すべてに♪ゲラゲラポー…のフレーズが入っており、社会現象になった曲を担当してきたキング・クリームソーダ。しかし、7月10日放送回からアニメがセカンドシーズンに突入することを機に、今回の封印を決断したという。 新シリーズの主題歌『人生ドラマチック』(今秋発売予定)には”ゲラゲラポー”は登場せず、代わりに”たんところてん ところてんとんたん”という変わったフレーズが登場。 この「妖怪ウォッチ」第2シーズンに関して、妖怪ウォッチの生みの親でもあるレベルファイブ日野社長は「妖怪ウォッチはとにかく、「今」を反映して、常に変わり続けていく作品というコンセプトを打ち立てています。男の子だけで女の子にとっても人気作品になった妖怪ウォッチは、ケータに加え新たに女の子主人公、未空イナホを登場させます。さらに、今までになかった新シリーズを投入してより作品の幅が広がっていきます。第2シーズンでは、とにかく『妖怪』を面白くいじっていくので、ご期待ください!」とコメントしている。 そんな第2シーズン、そして新曲リリースを前に、文字通り「ゲラゲラポー」との“バイバイ”となるのが今回の『バイバイゲラゲラポー』だ。 さらにこれまでネット上などでさまざまな憶測を呼んでいた「ゲラゲラポー」の意味が判明。歌詞の中に、「ゲバゲバ・ピーは忘れない 画面の向こうの真顔に笑い 言葉以上の錆びない栄光を見つけた…」となっているが、「ゲバゲバ・ピー」とは、1969~71年に放送された日本テレビ系大人気バラエティー「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」の中で、ナンセンスコントのオチの後に必ず登場するフレーズ。このフレーズにインスパイアされ、「ゲラゲラポー」が出来たという。 キング・クリームソーダは、7/26からこの初アルバム「バイバイゲラゲラポー」を引っさげた初の全国ツアーもスタートさせる。 このアルバムとツアーで昨年紅白歌合戦までも席巻した”ゲラゲラポー”ムーブメントを今一度体験してほしい。