TRUSTRICK プレミアムライブ大成功「ドラマティックなことをしたくて」
神田沙也加(Vo)とBilly(Gt, Cho)によるユニット、TRUSTRICKが、「TRUSTRICK PREMIUM LIVE SUMMER“Iolite”」を7月4日、東京・品川Stellar Ballにて行った。 アイオライト(菫青石)をタイトルに冠した今回のライブは、ミディアム・バラードナンバーを中心としたスペシャルなセットリストで繰り広げられる、TRUSTRICK初の試みとなる全席着席による一夜。6月19日に行われた、アップテンポなナンバーを中心にスタンディングを意識した選曲で行われた「TRUSTRICK PREMIUM LIVE SUMMER“Garnet”」とは対極の、全く趣の異なるライブだ。 荘厳なSEに包まれる会場に、TRUSTRICKのミュージックビデオが回想的に映し出され、ステージは『ATLAS』で始まる。ステージ前面の紗幕に投影された『ATLAS』のミュージックビデオ、その背面から純白のドレス姿の神田、そしてBillyが浮かび上がる。バンドインとともに紗幕が振り下ろされ、映像の世界から一転して、バンドメンバーが全員ステージ上に現れる演出に、会場は冒頭から飲み込まれていく。 『If -君が行くセカイ-』『Ever Blue』と緊張感を孕みながらステージは進行し、続く『いつかの果て』ではストリングス・カルテットが登場。神田のボーカルとTRUSTRICKのバンドサウンドにストリングスの音色の加わった、まさに“プレミアム”なステージを繰り広げていく。カルテットは続く『君が居る未来のために』『恋人』と、ストリングスを重ね合わせ、観客を酔わせていく。 6曲目を終えてようやくMC。神田は、初の全席着席ライブについて触れ、「最後まで全身でじっくりTRUSTRICKの音楽を楽しんでいただけるかなと思います。心を込めてやらせていただきます、最後までどうぞよろしくお願い致します」と一礼。Billyは「初の試みばかりでちょっと張り詰めた感じなんですけど」と緊張した様子を見せながらも意気込みが伝わる。 続く『MIRRORS』ではステージを左右に行き来して会場のクラップを煽っていく神田とBilly。『as one』で観客をさらに惹きつけながら、LIVEでは初披露となった『snow me』では、暗転したステージの床に散りばめられたキャンドルの中でスポットライトで照らされた神田が腰掛けながら歌い上げ、観客を魅了する。 神田がステージを離れ、Billyとバンドメンバーが奏でた『TRUST』では、幻想的な照明演出とコーラスの中、観客のクラップが会場に響き渡った。 広がる水紋をバックに、ブルーのワンピース姿で再度登場した神田。今春に発売された「坂本真綾20周年記念トリビュートアルバム『REQUEST』から、TRUSTRICKがカヴァーした『雨が降る』をライブにて初披露。数多の雨粒の光が降り注ぐ演出の中、吸い込まれるように聴き入る観客は、演奏が終わると盛大な拍手をステージに送った。 「魂を分けたライブ」と称した、アップテンポなナンバー中心の“Garnet”のMCでは、バラードについて「安心してください、このまま来ません」と宣言したが、この“Iolite”では「あれ全然アップテンポな曲来ないなー・・・安心してください、来るかもしれません!(笑)」と笑いを誘う。 そして神田が「(バンドスタイルのライブで歌うのは)最初で最後かもしれないので、じっくり聴いてください」と始まったのは、2014年12月14日のフリーライブで披露したMaroon5カヴァーで『She will be loved』。 続く『Calico』『Escape』と観客のクラップとともにステージは熱を帯び始め、「みんなで立って一緒に楽しんでみない?」と神田の呼びかけで、会場全体がスタンディングになった中で演奏された『Sunny Day』。両手を左右に振り、時に神田は会場を覗く素振りを見せたりと、観客の反応も確かめながらステージを繰り広げる。神田がBillyの肩に手を置いたポーズで締めくくり、そのまま『未来形Answer』へ。神田も腕を突き上げ、息ぴったりのオーディエンスのレスポンスに「OK!」と笑顔がはじける。興奮する会場に「ありがとう!」と本編を締めくくった。 熱い「トラトリ!」コールに迎えられて登場したアンコールは、『FLYING FAFNIR』にストリングス・カルテットの加わった、“プレミアム”な編成で幕を開ける。「もっと!」と声をあげ煽る神田と、会場に響き渡るBillyのギターサウンドに、観客も指をさし腕を突き上げヒートアップ。ミュージックビデオ撮影時の素材からこの日の為に再度編集された映像をバックに、ストリングスの音色が絡み合う大迫力のステージを繰り広げた。 「アンコールありがとう!」と続くMCで笑顔を見せた神田とBilly。神田「今日は盛りだくさんな内容なんですけれど・・・私たちが本当に興奮したことは、カルテットの皆さんに入っていただいたことです!」とストリングスメンバー、バンドメンバーを紹介。“Iolite”のライブ及びドキュメンタリー映像が、TRUSTRICKとして初のDVD化されることを発表し、観客から歓声と拍手が送られる。 初のホールワンマンで「ドラマティックなことをしたくて」と、映像演出やストリングスについて振り返る神田。そしてBillyもデビューして1周年を迎えてのコンセプトライブを成功させたことを感慨深くかみ締めながら、「今後も自分たちと向き合って、さらに新しいTRUSTRICKを作っていきたい」と述べ、「応援宜しくお願い致します」と感謝と思いを伝えた。 「楽しい時間をありがとう! まだまだステラボールいけますかー?」と会場の隅々まで確認する神田に大歓声で応じる観客、そして「メンバーいけるかー!?」で始まったのは『On your marks!』。クラップやレスポンスのひとつひとつをかみ締めるように明るいステージを繰り広げ、最後はジャンプで演奏を終えた。 その後も興奮冷めやらぬ会場に「トラトリサイコー!」の声が響く中、ステージのスクリーンに「速報」の文字が映し出され、「2015年12月18日 ZeppDiverCity(TOKYO)」と次回ワンマンライブ決定の文字が並ぶと、大歓声が沸き起こった。約2時間に渡る“プレミアム”なステージは、興奮とともに幕を閉じた。 撮影:加藤アラタ