cali≠gari 追加公演大盛況のうちに終焉!次回ライヴも発表
cali≠gariは、3年振りにリリースしたアルバム『12』をひっさげ、第8期初となる全国ツアー「セックスと嘘とライヴハウス」を各地で絶賛されながら札幌公演を持って終了した。 ツアーの追加公演「セックスと嘘とステラボール」が7月5日に品川ステラボールにて行われた。品川ステラボールはcali≠gariにとって初の会場となる。サポートには、中西祐二(ドラム)、秦野猛(キーボード)、yukarie(SAX)という鉄壁の布陣で臨んだ。 場内が暗転しSEが流れ、歓声が一段と増す中、メンバーがステージに登場。『わるいやつら』でライヴがスタート。間髪入れずに『脳核テロル』へ。高速ビートにファンのボルテージも一気に上がる。研次郎の冴え渡るMCから『颯爽たる未来圏』とここまで来て一部のファンは気付き始めたが、アルバム『12』の曲順通りに進んでいる。9曲目の『バンバンバン』後に、アルバム『12』を1曲目から再現した初の試みだということをMC。『さよならだけが人生さ』で一度ステージを降りた。 ステージ上は、ガラッと変わってアコースティックセットに。『春の日』『わずらい』をしっとりと演奏。ツアーではアンコールで通常のバンドバージョンで演奏してきた『春の日』は別アレンジとなり貴重な選曲となった。 そして、『オーバーナイトハイキング』の暗闇に灯るライトが幻想的な雰囲気を醸し出しながら、終盤に向けて怒涛のセットリストが進む。最後は『クソバカゴミゲロ』で会場全体が一体となりコールアンドレスポンスを繰り返した。 アンコールは、本ツアーでは初の『ブルーフィルム』。代表曲の1つだけにファンは歓声で応えた。アンコール最後にツアータイトルにもなった『セックスと嘘』を再びプレイし幕を閉じた。次回ライヴが8月21日(金)新宿BLAZEで行うことを発表。 FC会員先行は7月6日0時から受付中。