NMB48ドラフト2期生初お披露目!山本彩が年齢差を笑う
インテックス大阪4号館にて開催されたNMB48 11thシングル『Don’t look back!』個別握手会にてドラフト2期生が初お披露目された。 山本彩は「チームNは、11歳と12歳と、とにかく若いメンバーを指名させてもらったので、年齢差は10歳ぐらい。梅ちゃん(梅田彩佳26歳)だと15歳ぐらい(笑)ありますが、年齢関係なく早く打ち解けて、若い力も借りながら、強いチームを作っていきたいと思いますので、どうぞみなさんよろしくお願いします。」とコメント。 西仲七海(にしなか ななみ)(11歳 小学校6年生)(大阪)は「何事も一生懸命がんばります。お寿司大好きです。(笑)」、本郷柚巴(ほんごう ゆずは)(12歳 中学校1年生)(大阪)は「私は、(NMB48が)どのグループよりも最強に強いグループにしていきたいと思っています。つらいことや厳しいことがあっても、それを乗り越えていきます。よろしくお願いします。」と話した。 チームMキャプテン藤江れいなは「チームMは、みなさん御存じの通り、すごく変わり者が多くって、変な人が多いチームです(笑)。個性がすごく強いんですけど、指名させてもらったこの2人は、すぐに打ち解けて、戦力に加わってもらえれると思います。チームMをよろしくお願いします。」とコメント。柴田優衣(しばた ゆい)(17歳 高校3年生)(神奈川)は「私は魚をさばいたり、料理をすることが得意なので、それを活かしながら、ドラフト2期生みんなで頑張って、48グループに新しい風を吹かしたいと思っています。応援よろしくお願いします。」と話し、堀詩音(ほり しおん)(19歳)(北海道)は「今日は、私のことを初めて見る方も多いと思うので、どんな顔をしているか、どんなしゃべり方をしているか、少しでも覚えて帰ってもらえると嬉しいです。北海道出身ということで、道産子パワー全開でがんばりたいと思います。」と話した。 チームBⅡ副キャプテン梅田彩佳は「チームBⅡには、クソガキって呼ばれてる柊ちゃん(薮下柊)がいてまして、柊ちゃんにクソガキって呼ばれるメンバーが欲しくって、2人を選びました。村中ちゃんもすごくキラキラしてまして、決め手となったのがアイドルとしての年齢は、何歳までですか?とドラフト会議で質問したら、25歳までと答えて私過ぎてるやん!って思いまして、そんな受け答えする子おもしろいなと思って、いろんな先輩とどんどん打ち解けていけたらと思って選びました。これからもチームBⅡをどうぞどんどん推していってください。よろしくお願いします。」と話し、安藤愛璃菜(あんどう えりな)(11歳 小学校6年生)(愛知)は「みなさんに早く認めてもらえれるように、一生懸命がんばるので、応援よろしくお願いします。」と話し、村中有基(むらなか ゆき)(18歳 大学1年生)は「渡辺美優紀さんのように、たくさんの人から愛されて、市川美織さんのように、いつまでもフレッシュなアイドルでいられるように、頑張りますので、応援よろしくお願いします。」。安田桃寧(やすだ ももね)(14歳 中学2年生)は、「少しでも早く先輩のみなさんに追いつけるように頑張っていきます。よろしくお願いします。」と話した。 今後の活動に関しては、NMB48公式ホームページなどで発表されるという。(C)NMB48 【AKBグループその他の記事はクリック】