HERO ツアーグランドファイナル「JUDGMENT」~Dead or Alive~公演を実施
5月に発売したシングル第二弾作『「たった一つの花」/「風の中で…」』が、オリコンのシングルチャートで17位を記録。2月に発売したシングル第一弾作『「Not Tiltle」/タオルの神様』がオリコンのシングルチャートで20位。 HEROがメジャーからインディーズへみずから「逆ステップ!?」した成果は、しっかり数字にも現れ続けている。 現在HEROは、全国ワンマンツアー「HERO ONEMAN TOUR 2015「リトライ」」を実施中。合間には数多くのイベントライブにも参加しているように、すさまじいライブ本数を重ね続けている。おかげで、ステージ上では厚顔無恥なようにみえて、じつはとっても繊細なガラスの心臓の持ち主のヴォーカルJINのハートも、連日の忙しさから、だいぶ下呂っキー…基、グロッキー状態。とはいえ、多くのファンたちが全国各地熱狂で迎え入れてることから、なんとかビール片手に精神状態をキープしているようだ。 JINのお疲れモードとは裏腹に、バンドの支持はどんどん上昇し続けている。そんなHEROが7月5日にTSUTAYA O-EASTを舞台に、1000名越える満員の観客たちの前で、大きなターニングポイントとなるワンマンライブを行った。その舞台上で二つの嬉しいニュースが告げられた。 一つ目が、すでに発表にもなっている「8月26日(水)に最新両A面シングル『「僕の作り方」/光る指輪 大明神』の発売」について。 本作は、ジャケット違いの<TYPE-A>5パターン/<TYPE-B>5パターンと<通常盤>、計”11形態”で発売。<TYPE-A/B>5パターンそれぞれのC/Wに、異なるライブ音源を収録。 『「僕の作り方」』は、青春の香り漂うとても爽やかな曲調の中へ、JINが心に抱えた素直だけど闇な想いが綴られた、「病んでる僕だけど爽やかに生きようぜ」ナンバー。 『光る指輪 大明神』に記された光る指輪とは、ライブでファンたちが指に付けているライトリングのこと。歌詞に「僕の笑顔が輝いてるぜ 光る指輪が売れてるから」と記したように、第一弾シングルに収録した『タオルの神様』に続く、これぞHERO流販促ナンバー。まさに、HEROらしいシニカルさ満載な、ハートを一攫千金してゆく作品が今回も誕生した。 二つ目が、「HERO ONEMAN TOUR 2015「リトライ」」のグランドファイナル公演地の発表。HEROはこのツアーの締めくくりを、「JUDGMENT」~Dead or Alive~と題し、12月23日(水・祝)に品川インターシティホールで行う。まるでアクション映画のタイトルのようだが、それ以上に「生か死かへ判決を下す」という言葉が気になる。過去にも、意味深なタイトルを連発してきたHEROだけに、これも洒落と捉えて良いのか!?。それとも、結果を出せなければ本当に解散の判決を下すのか!? そこが、読めそうで読めないところ(だから、どっちだいっ!?)。 今回は、とても格調の高い会場。このお洒落な場で、HEROがどんな性なる…基、聖なる絶頂導く熱狂のグランドファイナル公演を行うのか、とても楽しみになってきた。 12月23日(水・祝)に品川インターシティホールで行う「JUDGMENT」~Dead or Alive~公演までにも、いろんな仕掛けを施した楽しさを用意しているように、つねにHEROの動きから目を離さずにいて欲しい。ちなみにJINへの差し入れは、ビールでお願いします(笑) 。 TEXT:長澤智典