最強のV系フェス「びじゅある祭」にNIGHTMARE、仮面女子も参加
関西地区最大の「ヴィジュアル系フェスティバル」として、2006年秋より服部緑地野外音楽堂を舞台にスタートした「Bands Shock REVOLUTION ~びじゅある祭~」。 過去にも同フェスティバルには、ゴールデンボンバー/La’cryma Christi/Mix Speaker’s,Inc./杉本善徳/DuelJewel/MERRY/HERO/Crack6など錚々たる面々が登場。他にも、TRANSTIC NERVE/Phantasmagoria/ヴィドール/しゃるろっと等、その時代のヴィジュアルシーンを彩ってきたバンドたちが数多く登場してきた。今のヴィジュアル界を先頭に立って牽引しているバンドも、成長著しい時期からこのイベントへ登場。大きな躍進を描くチャンスの舞台に変えてきた。 同イベントも、今年で10回目を数える。年々規模も大きくなれば。今や、同シーンの”今と未来”の同行を予見していくうえで、このイベントに出演する(とくに若手)バンドは注目しておくべきと、多くの人たちが全国各地から足を運ぶ巨大なV系フェスティバルへと発展。その内容に相応しく、「10th anniversary」を掲げた今年は、10月4日(日)に大阪は舞洲スポーツアイランド 太陽の広場特設ステージで開催することが決定した。 先に第一弾/第二弾と出演バンドの告知が成されたが、今回の第三弾を通し、出演全バンドが発表になった。今回登場するのは、R指定/アルルカン/vistlip/仮面女子/己龍/ギルド/コドモドラゴン/DaizyStripper/DIAURA/DOG inTheパラレルワールドオーケストラ/BugLug/HERO/FEST VAINQUEUR/MEJIBRAY/ Royzという、今のV系シーンの中核を成す面々。さらに、ゲストでNIGHTMAREが。OAとしてLOG-ログ-の出演もアナウンスされた。 このメンツを例えるなら、ゲストのNIGHTMAREを表紙にした、ヴィジュアル系雑誌の増刷間違いなしの特大号を彩る人たち。今の、そしてこれからのヴィジュアルシーンの中核となるバンドばかりが登場する。まさに、「このフェスティバルを見れば、今のヴィジュアルシーンの動きが1日でわかる」メンツ。むしろ,この面々を見ずに、今のヴィジュアル系を語るなかれ…。 チケットは、7月5日(日)より12日(日)まで、オフィシャルHPで先行予約をスタート。一般チケットの発売は8月8日(土)だが、先行販売でだいぶチケットが捌かれそうだけに、急いでチケットを手にすることをお勧めしたい。(TEXT/長澤智典)