デヴィッド・ゲッタ×安室奈美恵共演作がシングル配信へ
昨年末にリリースした最新アルバム『リスン』からヒット曲を連発し、<人類史上最強のDJ>として今なお快進撃を続けるデヴィッド・ゲッタ。 そんなゲッタと日本を代表するスーパースター=安室奈美恵が夢の共演を果たしたスペシャル・トラック、David Guetta feat. Namie Amuro『What I Did For Love』。さる6月10日にリリースされ音楽チャートで4冠を達成した安室奈美恵の最新アルバム『_genic』にスペシャル・トラックとして収録され話題沸騰中のこの曲が、この度シングル・トラックとして配信スタートした。 デヴィッド・ゲッタは、2011年に発表したアルバム『ナッシング・バット・ザ・ビート』が400万枚以上のセールスを記録し、次々とヒット曲をチャートに送り込み、アメリカン・ミュージック・アワードをはじめとする多くのアワードを受賞するなど、EDM全盛の現音楽シーンを牽引。 2014年11月にリリースされた最新アルバム『リスン』は、ジョン・レジェンドをはじめニッキー・ミナージュ、アフロジャック、シーア、ライアン・テダー、マジック!、シーア、エミリー・サンデー、ザ・スクリプト、バーディーなどといった超豪華アーティスト陣もフィーチャリング参加しており、日本やアメリカをはじめ世界50ヶ国以上のチャートで1位を獲得している。 また、待望の来日も決定しており、2015年9月19日(土)・20日(日)・21日(月・祝)の3日間、TOKYO ODAIBA ULTRA PARK(お台場ULTRAJAPAN特設会場)にて開催される「ULTRA JAPAN 2015」にヘッドライナーとして出演予定だ。