綾野ましろ“マンガ・アニメフェスタ”で洞爺湖・初凱旋ライブ
綾野ましろが6月27日28日の2日間で計6万人の来場を記録した洞爺湖畔で開催されたTOYAKOマンガ・アニメフェスタに出演、自身の出身地での初凱旋ライブとなった。 GARNiDELiAとの共演イベントということもあり、あいにくいの天気にも関わらず開場前からライブスタートを待ち望むファンが列をつくった。ライブ前に幼少の頃から何度と訪れている洞爺湖畔で自分自身の中にあるまっすぐな強い気持ちを改めて再確認したという綾野ましろは、この地元凱旋ライブの日が初お披露目となった紫と白をキーカラーにした新衣装でステージに登場、新たな衣装のもつオーラを身に纏い登場する彼女を大きな歓声で迎えた。 ライブは冒頭から彼女のその強い気持ちの表れたものとなった。1曲目にtoku(GARNiDELiA)をサウンドプロデュースに迎え制作された最新シングル曲『vanilla sky』をパフォーマンス、躍動感のあるビートとかけあげるメロディーにあおられ会場全体はヒートアップ。さらに『pledge of stars』『刹那クロニクル」』の後、8月19日に発売する3rd single『infinity beyond』を披露。 そしてライブMCでは地元凱旋ということもあり、「ただいまー洞爺湖!」と一声、その勢いのままに初のワンマンライブを地元北海道・札幌と東京で開催することも高らかにアナウンスすると、デビュー以降ワンマンライブを待ち焦がれていたファンからこの日一番の大歓声を浴び最高の笑みでそれに答えた。ライブの最後は、がむしゃらに前に進むんだ!というデビューの意思表明もこめられている1st single『ideal white』をパフォーマンスし締めくくった。 今年に入り国内外の数々のイベントライブに出演し、8月19日には3rd single『infinity beyond』のリリース決定、そして11月に札幌・東京での初ワンマンと、綾野ましろのまっすぐな気持ちと勢いは無限の先に向かっている。