カリスマ読モ“こんどうようぢ”メジャーデビュー決定に綾小路翔「なめんなよ!」
6月24日(水)WEGO竹下通り店(東京・原宿)にて、こんどうようぢ初のソロシングル『30th CENTURY BOY』の発売記念イベントが開催された。 近年、全国的に盛り上がる原宿系読モブームの中、女子中高生を中心に圧倒的人気を誇る“こんどうようぢ”。「ジェンダーレス系」といわれ注目される彼のファッションスタイルは、性別を問わず男女両方から支持されており、イベントにも多くの観客が詰めかけた。 楽曲タイトル通りの“近未来”を彷彿とさせる白を基調とした衣装で登場すると、会場からは大きな歓声が沸き起こった。会場では、彼のイメージカラーでもある青いオリジナル風船を発売記念として配布。青一色となった会場で、集まった観客は早くも大興奮。「本日、無事に発売の日を迎えられて本当に嬉しいです!応援してくださった皆さん、そして支えてくださったスタッフの皆さん、本当にありがとうございます。」とコメントし、会場からは大きな拍手が送られた。 続いて、本楽曲のプロモーションビデオ全編が会場にて初公開された。30世紀をイメージしたサイバーなシーンと、カラフルでポップなシーンを併せ持った“こんどうようぢ”ワールド全開のプロモーションビデオ。「入浴シーンの浴槽セットは、身動きがあまり取れず大変だったこと」や、「CG部分がグリーンバックだったため、完成を想像しながら撮影するので難しかった」などの、撮影秘話も語られた。 さらに、イベントでは嬉しいサプライズ発表も。会場に用意された垂れ幕を引くと、「8月12日メジャーデビュー決定」の文字が。会場中が大歓声に包まれる中、こんどうは驚きの表情を浮かべながらも「メジャーデビュー決定、ありがとうございます!」と嬉しそうにコメントした。 また、テレビ朝日系列全国放送「musicるTV」のMCとしても活躍中のこんどう。今回の楽曲は、番組で同じくMCを務めるヒャダイン(前山田健一)と綾小路 翔(氣志團)が楽曲提供していることでも話題となっている。イベントでは、そんな二人よりメッセージ映像が届き、「メジャーデビューおめでとう!よりプレッシャーも大きくなると思いますが、頑張ってください!」と祝福の言葉が送られた。最後は、綾小路からの「メジャーなめんなよ!」というコメントで締め括られ、会場の暖かい笑いも誘った。 またイベントでは、本来予定されていなかった楽曲のパフォーマンスも急遽行われることに。曲がスタートすると共に会場は縦に揺れ、堂々たるパフォーマンス披露に会場の熱気はますます高まりを見せた。キャッチーなサビ部分では観客たちとのコール&レスポンスで一緒になって盛り上がり、一体感も溢れる発売記念イベントとなった。 イベント後に行われた記者会見にて、「メジャーデビュー決定ということで、今後どのようなアーティストになりたいか」と質問されると、「紅白に10年連続出場できるアーティストになりたい」と少しはにかみながらコメント。また、「メジャーデビューとなりましたが、ファンの皆さんとは離れず、一緒に頑張って行けるアーティストになりたい」とも語り、会場のファンを沸かせた。 楽曲タイトルに因んで、「どんな未来が来てほしいか」という質問には、「少子高齢化問題とか、環境問題とかがない、明るい未来が来てほしい」という真面目なコメントもしつつ、「お風呂が好きなので、どこでもすぐに入れるような機械が発明されていてほしい!」と笑顔で語り、会場からのあちこちから「可愛い!」という声が飛んだ。 また、イベント終了後にはCDのお渡し会が行われ、集まった観客一人ひとりにCDを手渡し。最後まで笑顔の絶えないイベントとなった。 【●こんどうようぢプロフィール】 1992年12月25日生まれ。169センチ。検索しやすいように、こんどうようぢのぢは「ち」に点々。趣味は家に引きこもることとネットサーフィン、特技はネガティブ。2011年末に夢を求めて上京後、ニートだったようぢは自撮りとおしゃれをSNSで発信することで、スーパーニートに進化しました。はれてスーパーニートになったようぢは、モデル、タレントのお仕事ができるようになりました。