EXILE USA率いる「DANCE EARTH PARTY」新曲はゴダイゴの名曲カバー
幼い頃からダンスに親しみ、ダンスは自分そのものだと語るEXILE USAが2006年にスタートさせたプロジェクト「DANCE EARTH」。 ダンスという世界の共通言語をもって地球を旅し、様々な国のダンスを踊り、世界中の人々とダンスでつながってきた。その経験がいまや「ダンスでアースをハッピーに!」したいという想いに高まり、DANCE EARTHはEXILE USA自身のライフワークとなった。そのDANCE EARTHの想いを伝え、感じてもらう一つの表現のカタチが「DANCE EARTH PARTY」。2015年、EXILE USA、EXILE TETSUYA、Dream Shizukaの3人が正式メンバーとして新たに始動した。 1979年にリリースされた名曲『BEAUTIFUL NAME』の想いを現代に伝える・・・この楽曲を選んだ理由としてEXILE USAは「この楽曲はものすごくピースフルで愛が溢れていて、DANCE EARTHの活動も世界中の子ども達と一緒にハッピーを共感することがテーマで、そのコンセプトがバッチリ重なりいつか絶対にカバーしたいと思っていて遂に実現することが出来た」と語っている。DANCE EARTH PARTYは毎作、様々なアーティストとのコラボレーションで話題を呼んでいるが、今回は世界と日本からビッグなゲストアーティストの参加が決定。 EXILE USAがDANCE EARTHでジャマイカを旅してからずっといつか共演してみたいと思っていたジャマイカのバンド「The Skatalites」との共演がついに実現した。The Skatalitesは「スカを流行らせた」とも言われる活動歴約50年を超える世代を超えた伝説のスカバンド、まさに世界が羨む大御所。その彼らが今回のBEAUTIFUL NAMEのアレンジで参加している。メンバーでマネージャーでもあるKen Stewartは「USAの世界で旅をして子ども達にダンスを広めるワールドな活動に共感し、今回プロジェクトに参加できてとても光栄ですし、楽しみです。」と語りDANCE EARTHへの共感を示した。 ヴォーカルには、昨年『R.Y.U.S.E.I.』で日本レコード大賞を受賞し、今、最も注目されるアーティストと称される三代目J Soul Brothersの今市隆二が参加。参加にあたり今市隆二は「以前からUSAさんにはDANCE EARTHの思想を聞かせて頂いていて、ダンスを通して人と人を繋ぐ活動を素晴らしく思っていました。自分もヴォーカリストとして誰かの為に、人の為に何か出来ればとの思いが根底にあるので同じ想いが通ずる部分が凄くあり、お話を頂いた時には是非やらせて下さい!との返事をしました」とDANCE EARTH PARTYへの参加の想いを語っている。