SUPER☆GiRLSが5周年記念ライブで魅せた決意
6月12日に結成5周年という大きな節目を迎えたアイドルグループSUPER☆GiRLS。 この5年、様々な道を歩んできた彼女たち。華々しいデビューから一転、動員がままならず悔しい思いを経験したしたこともあった。それでも彼女たちは常にシーンの荒波にもまれながら、着実な足跡を残してきた。 そんなSUPER☆GiRLSは先日、6年目を迎え新たな決意をブログにて表明。結成3周年を記念して開催された武道館公演は単独公演から一転、iDOL Street総動員での開催となった。それに対して「今度は自分たちの力で立ちたい」という大きな決意を掲げたのだ。今まで夢に関して多くを語ってこなかった彼女たちが大々的に想いを打ち明けたのだ。 何かが変わる、そんな期待を感じさせる彼女たちの6年目の始まりを告げる「SUPER☆GiRLS LIVE 2015 5th Anniversary TOUR ~SUPER☆CASTLE~」。 グループ生誕ライヴとしては実に1年目以来となる、単独公演。決意を新たにした彼女たちにとっておあつらえ向きの場所と言える。彼女たちの歴史を祝うと同時に、彼女たちの発言の真意を見届けんとばかりにTOKYO DOME CITY HALLは多くの人が押し掛けた。 この日はそれぞれに展開を変える5幕構成。まるで5年の彼女たちの歩みを凝縮するかのような展開に。 第1幕、冒頭から『赤い情熱』『女子力←パラダイス』『NIJIIROスター』『キラ・ピュア・POWER』と代表曲かつアッパーなナンバーで畳みかけてくる。応えるように場内の空気はクライマックスを迎えたかのような盛り上がり。この熱を次に繋げんと、MCはいたってシンプルに。勝田梨乃のブリッコキャラぶりに冷静にツッコミを入れる荒井玲良と志村理佳とのやりとりも過剰になりすぎず、美味しい状態を保ったまま次への展開へと勧める辺りがステージ巧者ぶりをうかがわせた。 2幕は彼女たちの華々しいアイドル性を際立たせるような楽曲が展開される。『Girls Party』『ハピラキ』のメドレーをはさみ、披露された新曲『胸キュンLove Song』。愛らしいソウル/ディスコティークなポップサウンド。センターとしての凄味を発揮する前島亜美、歌、ダンス、ルックスの三拍子そろった渡邉幸愛、真っ直ぐさがキラリと光る田中美麗を中心としたボーカルの可愛らしさは格別!一瞬にして華やかな空気に。『恋愛ルール』、クールな佇まいの荒井が見せる満点の笑顔に女性ファンからは悲鳴に似た歓声が終始上がった。 ステージを掃除するというテーマで展開されたダンスパートの構成も見事。ホウキをバトンのようにクルリと華麗にまわす前島、スパガのダンスリーダー・渡邉ひかるの華麗なるタップダンスには思わず息をのむ。 一方で第3幕は鮮やかなドレス姿とミッドな楽曲で淑やかな空間を演出。『NIJIIRO涙…』『Celebration』で際立つ溝手るかのボーカルはどこまでも伸びやか。こうした静と動をうまく使い分け、ライヴを緩急自在に操るのはさすがの一言。 後半戦、『花道!!ア~ンビシャス』に始まる第4幕はこの日の最大の盛り上がりを凝縮。続いて披露された新曲『イッチャって♪ヤッチャって♪』も、タイトルから感じられる奇抜さは皆無。“悩むな!迷うな!ド根性を見せてやれ!”という熱いメッセージをコミカルなダンスとアッパーなナンバーで届ける。実にスパガらしい決意の表れとなっていた。『MAX!乙女心』で始まったメドレーでは、浅川梨奈、内村莉彩が輝いた。浅川は楽曲のテンションを体現するかのように常にハジけまくる。彼女を見てるだけで自然と笑顔になってしまう。この日15歳の誕生日を迎えた内村はどんなポジションにいてもファンへと目を配らせ、ステージとの距離を詰める役割を担っていた。 ラストナンバー『Everybody JUMP!!』、志村の跳躍はこの日の最高打点を記録した。勝田のキレあるダンスが素晴らしい『ギラギラRevolution』で開けた第5幕となるアンコール。ラストのMCでこの日についての感想を述べていくメンバーたち。5周年という節目を迎えたこととファンへの感謝はもちろん、これからのスパガの未来について語る姿が目立ったのが印象的だった。中でも渡邉ひかるは「10年経ってもみなさん、ついてきてください!」と力強く語った。 ラスト、「これからきっとかなえる 手のひらほどの夢」という歌詞がこれからの彼女たちの姿と重なる『Be With You』で幕を閉じた。 2時間ピッタリという時間で収め、一切の無駄を排した、ひたすらに楽しいだけのスパガライヴを見せた。この日のMCで宮﨑理奈が「6年目は楽しみながら突き進んでいきたい!」と語ったように、これからもスパガ流のエンターテインメントを武器に彼女たちは、目標、夢へとガムシャラに走っていくことだろう。(田口俊輔) ☆スーパー☆ガールズその他の写真はクリックSUPER☆GiRLSの楽曲はクリック!