NMB48新曲MVに三木監督「定番の小谷里歩ネタもぜひ(笑)」
6月9日に初公開されたNEWシングル『ドリアン少年』のMVダンシングバージョンに続いて、通常バージョンを公開したNMB48。 通常バージョンは、『ナギイチ』(4thシングル)『僕らのユリイカ』(7thシングル)に続いて、「ホットロード」「アオハロイド」などを手掛けた三木孝浩監督を迎えて、ミュージックビデオとしては初めて台湾で、ロケ撮影を行ったが、今回三木監督よりコメントが寄せられた。 ー撮影場所が、台湾になったエピソードを教えて下さい。 三木孝浩今まで『ナギイチ』『僕らのユリイカ』とNMB48の夏曲のミュージックビデオを監督させてもらったのですが、今回は趣向を変えて、オリエンタルな雰囲気で行こうという 話になり、南国感も含めて台湾に決定しました。どこか懐かしい風景と、街に漂うエネルギッシュな空気感はNMB48のイメージにもすごくフィットしてたと思います。台湾は個人的にも大好きな場所で、特に夜市の賑わいが情緒 豊かでとても気に入っているので、その雰囲気の中で撮影出来たのはとっても嬉しかったです。 ー今回の撮影で1番大変だったことはありますか。台湾のスタッフとのコミニケー ション等。 三木孝浩後半の夜のお祭り騒ぎのシーンは、エキストラも沢山いて 時間も限られていたので撮影準備も含めてとても大変だったのですが、地元のエキス トラの方々が非常に協力的でノリもとても良かったので、楽しい雰囲気の中で撮影するこ とが出来ました。そのおかげでメンバーもすごくいい表情をしてたと思います。 ーメンバーについてもコメントお願いします。 三木孝浩今回は須藤さんが初センターでしたが、さや姉とみるきーという抜群の安定感を誇るツートップが両脇を支えて、須藤さんの初々しさ、フレッシュさを見事に引き立てていたと思います。他のメンバーも、毎年のように夏のミュージックビデオをや らせていただいてるおかげで、みんなの成長過程が感じられて嬉しかったです。今回は海外ロケということで、メンバーの非日常の高揚感も ありつつ、プライベートな空気が切り取れたんじゃないかなと思います。定番となりつつある小谷さんネタもぜひ楽しんでいただけれ ばと思います(笑)。水着のダンスシーンはもちろん見どころですが、台湾でオーダーメイドした制服もすごくキュートなので、ぜひ見てもらえたら嬉しいです。三木孝浩(C)NMB48 【AKBグループその他の記事はクリック】