山口智子とマライア20年ぶり奇跡のコラボ!
女優・山口智子が、マライア・キャリーの究極のベストアルバム『#1 インフィニティ』の発売告知CMのナレーションを担当することがわかった。収録曲のすべてが全米ナンバーワン・ヒット(ボーナス・トラック、新曲を除く)という究極のベスト・アルバムだ。 これまでに累計130万枚以上を売り上げ、マライアの日本における最大のヒット曲となっている『恋人たちのクリスマス』は、1994年秋に放映され大反響を呼んだTVドラマ「29歳のクリスマス」の主題歌で起用され、90年代マライアを代表する一曲と知られている。同曲が収録されたアルバム『メリー・クリスマス』はこれまでに240万枚出荷されている。 マライアはこのたびデビューから90年代の黄金期を築いたソニー・ミュージックに籍を戻し、5月からはラスベガスで18曲のナンバーワン・ヒットを中心に構成された豪華なショーを長期にわたりスタートさせるなど、新たなステージに挑戦を始めたばかり。マライアのデビュー25周年と、新たな挑戦を応援できればということで、このドラマの主役を務めた女優の山口智子がナレーションでのCM参加を快諾。晴れて、20年ぶりのCMでの共演が実現した。 CMはその『恋人たちのクリスマス』などアップテンポのヒット曲を中心とした〈ポップ篇〉と、『ヒーロー』などバラード・ヒットを中心にした〈バラード篇〉の2パターン。「マライアは自分の青春と共にあった大切な音楽なので、その想いが声で伝われば」と語る通り、山口側からもナレーションの口調で設定など細かいニュアンスに関するアイディアが出されるなどしながら順調に進行した。録音の合間には、1996年のマライア初来日公演を見に行った時のエピソードや、90年代のドラマ収録の話など、懐かしい想い出話にも花が咲いた。山口はマライアに対して、「(25年にわたって)ずっとやり続ける、チャレンジし続けるマライアは今もカッコいいし、女性として憧れる」とエールを送り、ナレーション録音は終了した。 なお、このCMはアルバム発売に合わせて、6月23日から地上波テレビで放送される。ソニー・ミュージックの公式YouTubeチャンネルでは本日6月18日より公開。