Crystal Kay“可愛すぎるイラストレーター”と父の日感動コラボ
Crystal Kay 3年ぶりの新曲『君がいたから』の新しいスペシャルムービーが完成した。楽曲テーマが「命懸けでも守りたい一番大切な人を想った愛の歌」であることがから、今回は6/21(日)の父の日にちなんで親子愛が描かれた動画となっている。 動画を企画したのは、「想い出にもっと彩りを。」をコンセプトに、カップルや家族のデートにカメラマンが同行して、自然な笑顔や好きな人の前でしか見せない表情を写真や動画に想い出として残すサービスを提供しているLOVEGPAPH。そして今回の動画に参加した親子は、NAVERまとめにも「可愛すぎるイラストレーター」としてまとめられている話題の五島夕夏(ごとうゆうか)と、実の父で同じくイラストレーターの五島聡さん。 ストーリーは、娘(五島夕夏)が1人で公園で似顔絵の画を売っているがなかなか売れずにしょんぼりしているところに1人のお客さんが現れる。実際は変装をした父(五島聡)だが、娘はその健気な父に気づき、彼女は変装した父ではなく、“素の父”を描く。一方、父は事前に娘の為に娘の似顔絵をプレゼントとして描いていて、娘が父に画を渡したとき、サングラスの中の涙を拭き取り、代わりにサプライズで娘の画を差し出す。お互いに普段なかなか言えない「ありがとう」の気持ちを画に込め渡し合うシーンは、ほのぼのとしながら観る者を感動させる力を持っている。 『君がいたから』は、日本テレビ系 日曜ドラマ「ワイルド・ヒーローズ」の主題歌としてOA中。ドラマの中では1人の少女を7人の仲間が命懸けで守り抜くストーリーが描かれ、少女から7人の男性へ向けた「君がいたから」となっているが、先日公開されたノハナとのコラボムービーでは母親から子供への感謝のメッセージが「君がいたから」にのせて描かれており、今回は父の日にちなんだ父親と娘の愛に「君がいかたら」が彩りを添えている。 『君がいたから』は各サイトにて配信スタート1か月以上経った今でもTOP10以内に入り続けている配信ヒット曲。「命懸けでも守りたい一番大切な人を想った愛の歌」は、ドラマ主題歌にとどまらず、より多くの親子にも響き始めている。