乃木坂46 舞台「じょしらく」挑戦で落語界からオファー?
乃木坂46の舞台「じょしらく」が6月18日(木)より渋谷AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演される。 この作品は週間少年マガジン(講談社)にて連載されていた人気ギャグ漫画の初の舞台化。オーディションを勝ち抜いた乃木坂46の15名がトリプルキャストで務める話題の舞台だ。 公演初日前日に関係者向けに公開され、その前にキャストが揃い発表会見を開いた。 当日は<チームら>の山﨑怜奈、堀未央奈、斉藤優里、伊藤万理華、星野みなみ<チームく>の中田花奈 佐々木琴子 井上小百合 <チームご>齋藤飛鳥 能條愛未 衛藤美彩 中元日芽香 北野日奈子が登壇した。(松村沙友理、高山一実は欠席) 本番を前に緊張気味の表情のメンバー、特にこの直後に公演する<チームら>は、すでに衣装を身に着けていることもあり引き締まった表情。 伊藤は「何度も稽古したんですけど、チーム全員が揃うことが、お仕事の関係で少なくて、その時はほかのチームのメンバーが助けてくれたり、支えあって作って来た感じです。トップバッターなのでみんなの分も背負って頑張りたいです。」と意気込んだ。 15名一丸となり3つそれぞれのチームの個性が出ている。と胸を張るメンバー。落語が上手いと思ったのは誰?の問いには全員一致で能條愛未と口を揃え、名指しされた能條は目を丸くした。「うれしいです。実はアイドル界辞めて落語界に来たらというガチめなオファーをいただいてまして…。自信がつきました。」との応えに斉藤優里が「移った方がいいよー♪」とからかい、卒業したら落語家かという記者のツッコみに「名前は?」とさらに無茶ぶり、そこは落語が一番上手いと推薦された能條だったが「え!?うーん、能條亭あみ丸。ふざけてすみません!」と撃沈してしまった。 個性的なキャラクターが登場する「じょしらく」だが、キャラと実際が合ってるメンバーは?の問いに中田が「あ、波浪浮亭 木胡桃(はろうきてい きぐるみ)の北野が本人の天真爛漫キャラとすごい合っていて、声とかも可愛くてアイドルとして応援したいくらい。」と微笑んだ。 さらに「ここにいないんですけど、松村が蕪羅亭 魔梨威(ぶらてい まりい)役なんですけど、キャラは”寝る時全裸”なんですね。松村も「家では服あんまり着てない」って、言っていいか分かんない(笑)本人がいないところでごめんなさい。」と暴露した。 舞台「じょしらく」は6月18日(木)から6月28日(日)まで渋谷のAiiA 2.5 Theater Tokyoで上演される。各チーム5公演、全15公演となっている。(C)久米田康治・ヤス/講談社 【乃木坂46その他の写真記事はクリック】☆【乃木坂ファンクリック!】ここだけオリジナルボイス!楽曲も!