ELISA「AnimeNEXT2015」で圧巻の歌唱力を披露
昨年11月に劇場上映され、その後発売となったBlu-ray/DVDもスマッシュヒットを記録した、劇場3Dアニメーション作品「楽園追放 -Expelled from Paradise-」。 その主題歌を担当したELISAが、アメリカ・ニュージャージーで開催されたアニメコンベンション「AnimeNEXT2015」に出演、圧倒的な歌唱力で観衆を沸かせた。 「AnimeNEXT」は、2002年よりUniversal Animationによって運営されている、アメリカ東海岸で行われているアニメコンベンション。今年は6月12日(金)から6月14日(日)の3日間に亘りニュージャージー州のガーデン・ステイト・エグジビット・センターで開催され、延べ約14500人を動員した。 そのメインイベント、日曜日夜のメインステージでELISAにとって北米で2度目となる単独公演が実現。 アメリカでも上映され話題となった3D劇場アニメーション作品「楽園追放 -Expelled from Paradise-」の主題歌『EONIAN -イオニアン』はもちろん、オペラやクラッシックとJ-POPをクロスオーバーさせた斬新なアプローチで注目を集めたシングル曲『REALISM』(TVアニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」3rdエンディングテーマ)や『God only knows』など今までの数々の代表曲、さらには『もののけ姫』をアカペラで、『愛・おぼえていますか』などのカヴァーも披露するなど1時間強に亘り全12曲を熱唱した。 ライブ中のMCでは「ELISAコール」なるものを片言の英語で説明、その一生懸命さと英語でも伝わる特有の天然さが会場の笑顔を誘った。 MCの天然キャラとは一変し、歌が始まると彼女の特性でもあるオペラ調の歌声を会場に響かせるたびに歓声があがった。更にコンサート本編終了後拍手と歓声が鳴り止まず、急遽アンコールを行い、直接観客にリクエストを聞き『EONIAN -イオニアン-』をアカペラで熱唱するなど、約1000人のオーディエンスを魅了した。 7月4、5日にはELISAにとって初出演となるマカオでのアニメコンベンションへのゲスト出演も決定、7月20日には国内のアニメイベントへの出演も発表されており、今後も国内外での活躍が期待されている。