可愛い子多し!AKB48台湾オーディション60名が2次審査通過
4月17日(金)よりその応募受付を開始した、AKB48メンバー台湾オーディション。 台湾在住の11歳から23歳の女性を対象のこのオーディション。合格者はAKB48のメンバーとして、日本で活動をするという、言葉を含め、生活環境が激変することが前提というハードルの高さがあるにも関わらず、台湾全土から、なんと2152名もの応募があった。 なお、本オーディションの開催は、昨年12月に姉妹グループであるHKT48の台湾公演において発表されており、応募受付は4月17日(金)~5月16日(土)。 厳正なる書類審査に合格した応募者のうち6月13日(土)の2次審査には170名が参加。日本から渡航の面接担当スタッフを前に、時には通訳を介さず自己アピールをする受験生もいるなど、より一層の緊張感が感じられる審査となった。 170名の中から見事2次審査を突破したのは11歳から22歳までの台湾在住女性60名。今後は8月上旬に予定されている最終審査に向けて少女たちの熱い戦いが続く。 (C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】