カントリー・ガールズ 島村嬉唄が脱退!ももち「寂しく悔しい」
カントリー・ガールズの島村嬉唄が脱退をすることが発表された。 公式HPへ、今後の活動について、島村の家族から「辞めたい」という申し出が会ったと発表された。以下は、公式サイトからの抜粋となる。 「ハロー!プロジェクトをいつも応援いただきありがとうございます。突然のご報告となってしまいますが、カントリー・ガールズのメンバーの島村嬉唄との間の契約が途中解約となったことをお知らせ致します。島村嬉唄は、カントリー娘。がカントリー・ガールズと改名し、新たにスタートした昨年11月に加入し、今年3月にはカントリー・ガールズとしてのCDデビューも果たしました。その後、ご家族との間で今後についてのお話し合いを重ねてきた過程で、カントリー・ガールズというアイドルグループとして活動を行っていく上での考え方に関し、ご家族と弊社との間に埋めることができない隔たりがあることが明らかになってまいりました。この間、ご家族からは「辞めたい」というお話があった一方で、弊社としましても責任あるマネジメントの範囲を超えていると判断せざるを得ず、今般の途中解約に至ったものです。この結果、カントリー・ガールズは、スーパーバイザーの里田まいを除けば、5人となる訳ですが、残されたメンバーは、この現実を受けとめ、これまで以上に頑張っていこうという思いを強くしています。ファンのみなさまには、ご心配をおかけすることになり、たいへん申し訳ございませんが、これからのカントリー・ガールズによりいっそうのお力添えをいただきますようお願い致します。」 また、メンバーの嗣永桃子はブログで「正直、まだ現実が受け止められず寂しく悔しい気持ちでいっぱいです。」と戸惑いを露わにし、「うたちゃんがご家族の方と話し合いたくさん悩んで考えて出した答えだと思うので、これからのうたちゃんを応援していきたいと思います。」と書き込んだ。