「雨」と聞いて思い浮かべる曲ランキング!VAMPSにも聞いてみた
旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌「CD&DLでーた」は、梅雨のシーズンにあわせて、10~30代の男女を対象とした、「雨」と聞いて思い浮かべる曲のランキングを発表した。(調査期間:2015年5月11日~5月12日) 梅雨のシーズンに突入! 「雨」と聞いて思い浮かべる曲は? 総合ランキングTOP20 設問:あなたが「雨」と聞いて、思い浮かべる曲はなんですか。1曲だけ教えてください(※曲名とアーティスト名、またその理由やエピソードもあわせて教えてください。)有効回答者数 n=987人 順位:曲名/アーティスト名1位:雨/森高千里2位:はじまりはいつも雨/ASKA3位:Rainy Blue/徳永英明4位:最後の雨/中西保志5位:レイン/シド6位:雨のMelody/KinKi Kids7位:雨に唄えば/ジーン・ケリー8位:TSUNAMI/サザンオールスターズ9位:Squall/福山雅治10位:雨の慕情/八代亜紀11位:雨のち晴れ/Mr.Children12位:あめふり/童謡13位:みずいろの雨/八神純子14位:サボテン/ポルノグラフィティ15位:雨のち晴レルヤ/ゆず16位:桜ノ雨/absorb feat.初音ミク17位:雨傘/TOKIO18位:優しい雨/小泉今日子19位:雨あがりの夜空に/RCサクセション19位:Ame(B)/サカナクション いよいよ梅雨のシーズンに突入した。さて、毎月いろいろなランキングを発表している「CD&DLでーた」だが、今回はその“梅雨”にちなみ、雨と聞いて思い浮かべる曲のランキングを発表する。別表の総合ランキングから、気になる作品をピックアップしていこう。 総合ランキング1位は、『雨』(森高千里)。森高千里は、今期新しく始まった歌番組の司会を務めることでも話題を呼んだ。“よくカラオケで歌っていた”、“学生時代に好きな人がいて、この曲を聴いて感情移入していました”など、30代女性を中心に、昔からのファンと思われる人たちの支持を集めた。その一方、“母親の買っていたCDを片っ端から聴いていた時に出会った曲。雨が降っているときにこそ聴いてほしい一曲”、“父親が好きな歌手の歌”といった、10~20代の新しいファンからのコメントも入ってきている。 総合5位の『レイン』(シド)は、今回ランクインした曲の中では比較的新しい作品(2010年6月2日リリース)で、主に10代からの得票を集めた。特に“好きなアニメの曲だから”という声が多く、アニメをきっかけとしてこの曲に接した人も多かったようだ。それとともに、“雨が降るといつも聴きたくなる”、“歌詞なども共感できるような曲で素敵だから”といったコメントも寄せられ、作品自体が聴く人の心にきちんと届いていることが伺える。 総合6位は、『雨のMelody』(KinKi Kids)。寄せられた声の中に、“雨に関わるものが多いKinKi Kidsの曲で一番好き”というコメントがあったが、確かにKinKi Kidsの曲には、『欲望のレイン』など、雨にまつわる曲がほかにもいくつかある。この曲については、“憂鬱な雨の時期にセンチメンタルな気分になれる曲”、“雨にぬれたようなサウンドとふたりの切ない歌声がたまらない”といったコメントともに、曲調と歌詞に魅了された女性からの熱い支持が集まった。 “雨”というのは音楽家にとって創作意欲を刺激しやすいのか、TOP20にランクインしたほかの作品を見ても、『TSUNAMI』(サザンオールスターズ/総合8位)、『雨のち晴れ』(Mr.Children/総合11位)、『サボテン』(ポルノグラフィティ/総合14位)、『雨のち晴レルヤ』(ゆず/総合15位)、『優しい雨』(小泉今日子/総合18位)、『雨あがりの夜空に』(RCサクセション/総合19位)など、名だたる名曲がたくさん挙がった。昔から愛され続けている曲もたくさんだ。 じめじめして過ごしにくい…というのが一般的な梅雨のイメージだが、“雨”をテーマにした数々の名曲を聴いてみると、いつもとはちょっと違った過ごし方ができるかもしれない。 ところで、アーティストの皆さんは“雨”と聞いて何を思い浮かべるのだろうか? この6月24日にライブDVD『VAMPS LIVE 2014-2015』をリリースするVAMPSの2人にも聞いてみた。 「稲垣潤一さんの『ドラマティック・レイン』。雨降ってると頭によく浮かぶのはこの曲ですね。雨やなぁ~、と思うたびに、“レ、イ~ン♪ ”って歌ってます(笑)」(HYDE) 「『パープル・レイン』(プリンス)ですね。“雨”って言われるとまた違うんだけど、“レイン”と言えばこの曲かな。プリンスのこの曲は大好きでした」(K.A.Z) 次号7月14日発売の「CD&DLでーた」8月号ではVAMPSの撮り下ろし写真やインタビューもたっぷりと掲載。ライブDVDとあわせてそちらもお楽しみに!-CD&DLでーた編集部-