大石参月 桂由美のウエディングドレス姿を次々にお披露目
先日、ハワイでの挙式を上げ、さらにウエディング推進大使にも任命された大石参月。 その大石が6月6日、愛する地元静岡県浜松市で、結婚披露パーティー? ドレスにこだわったという大石が当日着用したドレスはなんと4着!! 表参道ミラーミラーのデヴィッド・フィールデンのふんわりテールが可愛いドレス。ハワイの挙式でも着用した、桂由美氏プロデュースの純白のオーダーメイドドレス。こちらのドレスのこだわりは、シルエットがキレイに見える「ユミライン」。ハワイから少しアレンジして、テール部分を式場に似合うシンプルなデザインにチェンジした。 そして、初お披露目となる敬愛する桂由美氏プロデュースのオーダーメイドドレス2着目。 カラフルなお花が気に入ってこちらのドレスをセレクト。ヘッドドレスと「てっちゃん(ご主人)」のブートニアとおそろいにしたのもポイントだ。 最後は、ウエディング推進大使任命式のときに着用して、あまりにも気に入り、急遽お願いして着せてもらったという、またまた桂由美氏プロデュースのドレス。 水色のドレスのお花の色が可愛かったので、そのままヘッドドレスに使用し、授賞式とは違ったイメージにチェンジした。 ドレスに憧れを持っていた大石はとてもこだわって衣装をセレクトし、1年半以上前からウエディングドレスを検討していたそう。ガーデンが清々しい会場の雰囲気に合うように花飾りやドレスのレース部分などを少し変え、お気に入りの2着を再度着たとのこと。 挙式が決まったお祝いに、オリジナルで作ってもらった上記2、3着目に着たドレスを憧れの桂由美さんにお祝いとしてプレゼントしてもらったことは一生の思い出だとか? そんな幸せいっぱいの大石の挙式に、同じ事務所に所属するマインドハッカー/トニー・ジャンが「大石の欲しいもの」をマインドハックするという場面も! さて、幸せいっぱいの大石が欲しいものとは? その答えが見られる挙式独占映像は、近日avex management Webで公開予定。また、今日だけでは紹介しきれなかった未公開プライベートショットも後日お披露目の予定だ。