安室奈美恵 初音ミクとのコラボに衝撃
安室奈美恵が今月10日に発売するニューアルバム『_genic(ジェニック)』に、衝撃のコラボレーションがあることを発表した。 コラボレーション相手は、なんとあのバーチャル・シンガー“初音ミク”。同アルバムに収録される『B Who I Want 2 B feat. HATSUNE MIKU』の楽曲も本日解禁され、さらに、安室奈美恵と初音ミクが描かれた新ヴィジュアルも公開された。 コラボ楽曲『B Who I Want 2 B feat. HATSUNE MIKU』は、本日の解禁に至るまでは、フィーチャリングアーティスト部分が“HATSUNE MIKU”を並び替えて“U hum sneak it”と表記するアナグラムも用い、『B Who I Want 2 B feat. U hum sneak it』としてインスト音源のみ発表されていた。その結果、様々な憶測を呼び、「フィーチャリングアーティストが誰なのか」と注目を集めていた楽曲だ。 さらに、作曲はDiplo(ディプロ)と共にMadonna(マドンナ)の新曲を共同プロデュースするなど、UKアンダーグラウンド界で最注目の新鋭“SOPHIE(ソフィー)”によるプロデュース。作詞は動画投稿サイトに投稿したオリジナルMVの総再生数が2,000万回を越え、現在、初音ミク・ファンの間で最も先進性のあるプロデューサーとして注目されている“Mitchie M(ミッチー・エム)”と“SOPHIE”の共作とのこと。 また、公開された新ヴィジュアルは、株式会社アトラスから発売している同社の人気作『ペルソナ3』、『ペルソナ4』、『キャサリン』にてキャラクターデザイン・アートディレクションを手がけるデザイナー副島成記氏による作品。リアルの世界に存在する安室奈美恵とバーチャルの世界に存在する初音ミクの両者が一枚に描かれたリアルとバーチャルを融合した作品となっている。 初音ミクとのコラボ曲を含む全13曲の新曲に加え、スペシャル・トラックにはDavid Guettaとのコラボ曲を収録した安室奈美恵のニューアルバム『_genic』はいよいよ明日発売を迎える。 「photo(写真)」+「genic」で、“写真映えする人物”というように、前に付けた言葉を受けて、「~映えする人物」という意味を形成する「genic」。 音、映像、ビジュアルを総合した作品であるアルバムは、聴く人に「自由にイメージしてもらいたい」という意味で、本来前に付く言葉の部分には、あえて「_(ブランク)」を配した『_genic』というアルバムタイトル。 アルバムのSPECIAL SITEでは、“Photo_genic”というカテゴリでファッション誌の写真がアップされ、全国のラジオ局とコラボレーションした“ラジオステーション_genic(Radio Station_genic)”、現在動画再生回数が600万回を超えたMV『Golden Touch』と、世界初のGoogle Chromeの拡張機能を利用したMV『Anything』などの“Tech_genic”などがあったが、今回解禁された初音ミクとのコラボは“Virtual_genic”だ。 “何にでも映える”、まさに「自由にイメージしてもらいたい」作品が完成した。 安室奈美恵の楽曲はコチラ