EXILE佐藤大樹がサプライズ登場!Crystal Kayに花束を
6月3日に3年ぶりのシングル『君がいたから』を発売したCrystal Kay。 6日(土)にリリースを記念して行ったダイバーシティ東京プラザ2Fフェスティバル広場でのイベントに、MUSIC VIDEOに主演として今回出演したEXILE最年少メンバー佐藤大樹がサプライズでゲスト来場し、イベントを盛り上げた。 司会から「ライブに早速移りたいところですが、本日はCrystal Kayさんもご存知ないと思いますが、リリースをお祝いしたいという方に、サプライズでお越し頂いています!EXILEの佐藤大樹さんです!」と呼び込まれると、ステージ下の関係者口から花束を自ら持って佐藤大樹が登場。事前告知も一切無かったため、集まった1,000人の来場者からは黄色い声援が一気にあがった。 ステージで驚くCrystal Kayとお祝いに駆け付け花束を渡した佐藤大樹とのトークでは、今回のMUSIC VIDEO出演について、佐藤大樹は「僕が(MV主演の)大役をできるとは思っていなかったので緊張はしたのですが、Crystal Kayさんの素敵な歌声に合うように精一杯演技させて頂きました。」と語り、また「MV撮影の際に、Crystal Kayさんがサプライズで現場に訪問してくれたので、今日はお返しとして、僕がお祝いにサプライズで駆けつけました」とも語った。一方Crystal Kayは「初めて観た時、本当に涙が出ました。大樹さんのPureな演技に吸い込まれました。」と語った。 シングルCD初回盤の特典DVDに収録されているMVメイキングで佐藤大樹が初恋の相手について語っていることについて司会から触れられると、「そうなんです。初恋は幼稚園の先生だったんです。初めて女性から優しくされたことがいい思い出になったんだと思います。今回のMVの世界観も年上の女性に恋をするという設定だったので、リンクしました。」と、一方Crystal Kayの初恋は、「小1ぐらいだったかな。名前はしんご。」と個人名を挙げ焦る司会から「大丈夫ですか?」と問われても「今は海外にいるし、もう結婚もしてるので大丈夫です!今でも友達ですよ」と会場の笑いを誘った。 前後に仕事がぎっしり入った中で会場に駆け付け、10分間だけのゲストとなった佐藤大樹は最後に「新曲リリース、本当におめでとうございます。実はいま(携帯の)めざまし音を『君がいたから』にしていて、イントロで気持ちのよい朝を迎えられています。皆さまも是非今回の新曲とMVをチェックしてくれたら嬉しいです。」と締めた。 その後Crystal Kayはライブで『恋におちたら』『Boyfriend – partⅡ-』『君がいたから』の3曲を歌唱。 ラストに歌唱した新曲『君がいたから』のMCでは「3年ぶりのシングルで、ひさしぶりのバラードになっていますが、このタイミングでこの曲に出会えて本当に良かったと思っています。10代の頃は自分がうまく歌えるかどうかが気になっていたけど、今はみんなのことを自分の歌で支えたいから歌っているんだと思うようになりました。これからもよろしく応援よろしくお願いします。」と語った。