総監督も太鼓判 AKB48が踏み出した新たな一歩
「AKB48 41stシングル選抜 総選挙後夜祭~あとのまつり~」が、6月7日(日)、福岡ヤフオク!ドームにて開催された。 総選挙から一夜明けて開催された後夜祭としてのコンサート。1位を獲得した指原莉乃のソロ曲『それでも好きだよ』で幕開け。続けてオープニング3曲を、指原とともに新選抜メンバー16名が務め、4曲目『ヘビーローテーション』ではランクインを果たした上位80名がパフォーマンス。また新しいAKB48グループがスタートしたことを感じさせた。 続いては、AKB48の各チームと姉妹グループが、世界旅行をテーマにステージを展開。チームAはキャビンアテンダントの衣装で『摩天楼の距離』、チームKは武藤十夢のドラムパフォーマンスと激しいダンスで『エリアK』、SKE48は松井珠理奈と松井玲奈によるタンゴを交えながら真紅の衣装で『強き者よ』、NMB48は山本彩のエレキギターソロから『パンキッシュ』を、それぞれ披露。チームやグループの個性をぶつけ合った。 中盤は、最新シングルのタイトル曲『僕たちは戦わない』や、『Summer side』をなどカップリングなどで構成された。『バレバレ節』ではメンバーが浴衣姿で登場し、コンサートタイトル通り、会場がお祭りの雰囲気で盛り上がった。 トークコーナーでは、総選挙で大躍進を遂げたメンバーとして、AKB48の小嶋真子SKE48の谷真理佳、NMB48の白間美瑠などが、あらためて感謝の挨拶。小嶋真子は速報で圏外だったとき、次期総監督の横山由依が「大丈夫?」と誰よりも早く連絡をくれたエピソードを明かす場面も。 HKT48のトークコーナーでは、初のランクインでいきなり31位を獲得しアンダーガールズ入りを果たした渕上舞をピックアップ。その期待度は順位以上に高いようで、「今回の総選挙で一番の収穫」と指原も語るほどだった。 また、指原のリクエストに応え、1位になった記念として、選挙でランクインしたHKT48メンバー14名による胴上げも実現。あまり高さの上がらない手荒な胴上げに、昨日はメンバーを「大事な大事な宝物」と褒めていた指原も、照れ隠しなのか「大事な大事なゴミたち」と厳しくツッコむ場面も。 終盤には、『君のことが好きだから』の博多弁バージョンの『君のことがすきやけん』を全グループメンバーで、花道を含めステージを埋め尽くして披露。ファンだけでなく、2日間お世話になった博多の街にも感謝の気持ちを伝えるパフォーマンスとなりました。 そしてアンコール1曲目は、指原のソロによる『あなたがいてくれたから』。ひとりステージのセンターに立ち切々と歌い上げた後、「皆さんのおかげで1位になることができました。未熟な私をまだまだ支えてください」と、あらためてファンに挨拶した。 AKB48グループにとって一大イベントである総選挙を終え、高橋みなみ総監督がそう語ったように、AKB48はまた新たな一歩を踏み出した。 (C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】