元ちとせ 平和への思い込めたNEWアルバムに佐野史郎が参加
2002年の『ワダツミの木』での社会現象を引き起こした衝撃のデビューを経て、2014年にはスライ&ロビーとの作品がグラミー賞にノミネートされるなど、日本を代表するシンガー・元ちとせ。 2人の子供の母親でもあり、故郷・奄美大島に生活拠点をおき独自のスタンスで活動を続ける彼女が、終戦70周年となる2015年、“忘れない~繰り返さない”というコンセプトのもと、「今こそもう1度、平和を真剣に考える年になって欲しい」、という平和への思いをこめたカヴァーアルバム『平和元年(へいわがんねん)』を7月22日にリリースすることが発表された。 2011年8月31日にシングルでリリースされた『永遠(トワ)の調べ』以外はすべて新録作品となり、谷川俊太郎、寺山修司、あがた森魚、松任谷由実らによる作詞楽曲や、中川五郎、加藤登紀子、岩谷時子らが日本語詞を手掛ける洋楽曲まで、全編を通じて、日本語の美しさも感じられるアルバムとなっている。 元ちとせからは今作へ込めた思いを次のように寄せている。「戦後60年が経った2005年、過去に戦争があった事を風化させない為にと思い、坂本龍一氏とのコラボレーション曲『死んだ女の子』を発表しました。戦後70年を迎える今年、『平和を祈る思い』『忘れない、繰り返さないという願い』をシンガーとして歌い継ぎ、母として残して行ければと思い、レコーディングに臨みました。このアルバム『平和元年』が、平和を思うきっかけになってくれればと思っています。」 サウンド・プロデューサーは、デビュー前から元ちとせの制作活動を支える間宮 工(まみや たくみ)が担当。元ちとせの魅力を最大限に生かしたアレンジを施しつつ、全曲ギターでも参加している。『美しき五月のパリ』『死んだ男の残したものは』『ケ・サラ』は、ドラムにASA-CHANG(アサチャン)、ベースに沖山優司、キーボードにDr.kyOnが、『腰まで泥まみれ』『スラバヤ通りの妹へ』『最后のダンスステップ』にはルースターズのドラム池畑潤二、ベース井上富雄が参加。また、『最后のダンスステップ』では、デュエット相手に今作の趣旨に賛同した佐野史郎が参加するなど、熟練の個性あるメンバーにより充実の音世界が構築されている。 佐野史郎からは、以下のコメントが寄せられている。 「このアルバム『平和元年』の選曲に唸らされました。60年代終盤から70年代初頭にかけて、思春期に心奪われた楽曲の数々。戦後70年を迎える今、歌い継がれてきたこれらの作品が、元ちとせさんの声により「今」の唄として新たに我々の胸に突き刺さる。参加させていただき光栄です」 また、今回、元ちとせが戦後60周年の年に、坂本龍一プロデュースにより世に出した『死んだ女の子』を収録することも決定した。これまでも、広島の原爆ドームの前や、岡本太郎が原爆の炸裂する瞬間を描いた「明日の神話」の前で歌うなど、平和への思いを込め歌い続けてきた楽曲で、毎年夏に期間限定配信をしてきたが、永久仕様となるCDの通常盤に収録されるのは、今回が初となる。