片平里菜の新曲が武田梨奈主演「かぐらめ」主題歌に
2月25日(水)に4枚目となるシングル『誰もが / 煙たい』をリリース。サントリーチューハイ「ほろよい」のCM出演、各地のイベントに引っ張りだこ、人気も注目度も高まっている福島出身のシンガーソング ライター片平里菜。 6月公開の映画「かぐらめ」の主題歌を担当する事が決定した。映画「かぐらめ」は武田梨奈主演、山梨の小さな町で紡がれる心温まる感動の物語。親子の葛藤、そして人間の愛情、さらに伝統芸能の継承を考える感動の作品となっている。 楽曲はこの映画のために書き下された「姿」というライブでも披露した事のない未発表曲。ゆったりとした曲調と、温かみのある歌声の渾身のバ ラード 曲だ。 片平里菜は初めて映画の書き下ろし主題歌を担当し、 「父と娘という関係性の気難しさが歳を重ねていつの日か信頼に変わっていく。”かぐらめ”は、家族の絆の深さを改めて思い起こしてくれる物語。主題歌のお話をいただいて、思い浮かんだのは自分の父のこと。南相馬に単身赴任をしていた父は、震災直後一時帰宅をするとすぐにまた緊急時避難準備区域となった街の仕事場に戻っていきました。あの時父がどんな気持ちで家をあとにしたのか、今でもそう簡単に想像出来るものではありません。決して弱音を吐かない無口な背中は言葉よりも語るものがあり、その姿から学ぶものは、もしかしたら直接的な愛情表現よりも大きなものかもしれ ません。こうして映画”かぐらめ”の主題歌としてこの曲をおくりだせることを本当に嬉しく思っています。」 と喜びのコメントを寄せている。 6月4日自身のレギュラー番組Fm yokohama「YOKOHAMA RADIO APARTMENT カタコトラジオ」にて楽曲がフルコーラス初解禁される。 映画のトレーラーでは一足先に楽曲を試聴する事も出来るのでまずはこちらをチェックしよう。 映画「かぐらめ」は6月6日(土)より山梨県内で先行上映後、順次全国公開される。 片平里菜楽曲はこちらから