NMB48謎解きリアルイベント 上西、白間、薮下の囁きにファン照れまくり
WEB版謎解きゲーム「タイムスリップ NMB48~原始時代からの脱出~」の解決から1か月。 前回の謎解きニコ生特番では、渋谷凪咲、薮下柊、川上礼奈、三田麻央が珍解答続出ながらもなんとか謎を解明し解決したが、あらたな難問が浮上。今度は2148年にタイムスリップしてしまった上西恵、白間美瑠、薮下柊の3名を現代へ救い出すというストーリーのリアルイベント「タイムスリップ NMB48~未来都市からの脱出~」が行われニコ生で中継された。また三田麻央がメンバー救出をサポートするナビゲーター役として参加した。 会場となった六本木・ニコファーレには「タイムスリップ NMB48~原始時代からの脱出~」の最終問題をクリアした強者が集結。 山本彩からの重要ヒントVTRでの声援も受け、メンバーの掛け声でゲームスタート。 今回はニコファーレ全体を使用したリアルイベントで、メイン会場で6問の謎を解いた後、外に薮下、白間、上西が”最新糸電話”の前にスタンバイし、挑戦者に直接ヒントを囁くという趣向。みんな照れながらヒントを聞き、メンバーから直接「がんばって!」「ファイティン!」と笑顔で声援を送られ、いつもの握手会などとは逆の立場にテンションが上がっている様子で、ニコ生ユーザーからは「糸電話できるなら有料でもいい」などのコメントも流れた。 一方三田はステージに残り、ニコ生ユーザーから書き込まれるヒントなどを挑戦者に伝え、「生主」よろしくユーザーとコミュニケーションを取る見事な仕切りだった。 回答編で白間は「わたしは答え聞いても分からないですけど、めっちゃ早い人がいてびっくりしました。」。薮下は「この問題誰が考えたんですか?東大生レベルですね(笑)。なにがなんやら分からなかったですけど(笑)みんなすごい頑張ってて、とっても楽しかったです!NMBのメンバーが解いたら死ぬまで掛かります。」とお手上げ状態だった。 制限時間である50分以内で約80%がクリアし、強者の面目躍如だったようだ。 【AKBグループその他の記事はクリック】「タイムスリップNMB48~未来都市NAMBAからの脱出~」in ニコファーレ