三代目JSB夏の新曲コラボ相手がヤバすぎると話題に
『R.Y.U.S.E.I.』がもはや社会現象とも言えるほどのヒットを飛ばす、今日本で最も勢いのあるグループ、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE。 そんな彼らの、本日5月27日からスタートした全国ドームツアー「三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2015 “BLUE PLANET”」にて、次の夏の新曲がパフォーマンスされ、その内容が明らかになった。 タイトルは『Summer Madness』で、発売日は7月8日。そして、今回も前作『STORM RIDERS feat.SLASH』同様、コラボ曲だ。 その気になる相手は、今世界が最も注目し、EDM系イベントなどでは引っ張りだこの全米チャート1位、グラミー賞獲得の天才DJ Afrojack。 Afrojackといえば、現在の世界的EDMムーブメントの中、トップで活躍するスーパースターDJであり、数々のヒット曲を作り出したプロデューサー。若干27歳という若さでありながら、その才能溢れる音楽センスでEDM界のアイコン的存在ともなっており、彼が得意とするEDMと他ジャンルをMIXしながら自身のサウンドを創り出すスキルは“AFROMAGIC”と称され、世界中から今、注目されている。 また、彼のサウンドは、クラブシーンでヒットを生み出すところから、ビヨンセ、Pitbull、Madonnaなど、数々のビッグネームのプロデュースやリミックスを手掛けるところまで幅広く、多彩なクリエイティブによって世界の音楽シーンに絶大なインパクトを与えてきた。 2011年にPitbullの『Give Me Everything』をプロデュースし全米チャート第1位獲得。全世界で800万枚以上のセールスを記録し、動画サイトではミュージックビデオが4億回以上も再生されている。同年にはビヨンセの『Run The World(Girls)』を手がける。 また、2012年にはマイケル・ジャクソン『BAD』25周年記念アルバム用に『BAD』のリミックスを依頼され楽曲制作。2013年には『As Your Friend』でChris Brownをフィーチャー、そしてDavid GuettaとともにリミックスしたMadonnaの『REVOLVER』のリミックスではグラミー賞を受賞するなど、世界のビッグネーム達も認める才能の持ち主だ。 常に最先端の音楽を、世界基準で発信していくことを目標に掲げ、活動する三代目 J Soul Brothersの想いと、昨年行われたツアー「EXILE TRIBE PERFECT YEAR LIVE TOUR TOWER OF WISH 2014」で、Afrojackが三代目J Soul Brothersのパフォーマンスを観て、その無限の可能性に刺激を受けたことが結びつき、今回の楽曲制作が始まった。 まだ聞けていない人は、三代目 J Soul BrothersオフィシャルサイトとEXILE TRIBE mobileサイトで視聴できるので、是非、チェックしてみてほしい。 三代目J Soul Brothers×Afrojack、この二つがコラボした時、音楽の世界水準はまた一つ高みにのぼることだろう。 【EXILEファミリーのニュースはクリック!】☆三代目 J Soul Brothers充実のラインナップ【クリック】☆