モデル大石参月がViVi卒業「変化を遂げなくちゃ」
モデル大石参月がレギュラーを務めるファッション誌『ViVi』を卒業することを5月23日発売の本誌にて発表した。 大石は先月ハワイにて10年交際した地元浜松の工場勤務の男性と挙式を終え、純愛のアイコンとして桂由美氏からウエディング大使に任命されるなど話題になったばかり。 6年間、専属・レギュラーを務めたViViを卒業する思いとして「モデルという仕事をこれからも続けていきたいからこそ、変化を遂げなくちゃって思ったから。次の目標は、モデル業も主婦業も両立させていくこと。どっちかなんて選べない!」と地元に拠点を移しながらも仕事に対してしっかり前向きな姿勢をみせている。 セブンティーン専属モデル時代から多くの表紙を飾り、ティーンから圧倒的な人気を得てViViモデルとなる。 更に、MOREやMAQUIAなど多数の同世代女性誌で活躍するなど、女性モデルの中でもその存在を光らせている。 モデル業と、地元では主婦業を行うという、かなりハードな両立をこなしている彼女。 モデル10周年を迎え、また新たな目標に向かう彼女の生き方は更に多くの女性から指示されるに違いない。