EPIK HIGH 熱狂のジャパンツアーファイナル!!
BIGBANG・2NE1・PSY等全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティストを多数擁するYG ENTERTAINMENTが誇る韓国のヒップ・ホップ・レジェンド『EPIK HIGH 』が、24日(日)に東京・新木場STUDIO COAST公演にて単独公演を行い、自身2度目となるジャパンツアー『EPIK HIGH JAPAN TOUR 2015 ~Show must go on~』を有終の美で飾った。 5月頭から日本全国8カ所を巡り各地に熱狂を振り撒いてきたEPIK HIGH。最終日となったこの日は日本単独公演では自身最大となる東京・新木場STUDIO COAST公演で行われ、詰めかけた2,500人のファンを変わらぬEPIK HIGH節で熱狂の渦に巻き込んだ。 。公演内では、4月末に発売され、好評を得ている自身初のベストアルバム『THE BEST OF EPIK HIGH ~SHOW MUST GO ON~』収録曲から中心に、「FLY ft. AMIN J. (from SOULCIETY)」、「LOVE LOVE LOVE ft. YOONGJIN (from CASKER)」、「DON’T HATE ME」、「BORN HATER ft. B.I, BOBBY, MINHO (from WINNER)」等アンコールを含めて全19曲を熱唱。ライブ中に観客に対して水を振り撒く彼等ならではのステージパフォーマンスとともに、TABLO、MITHRAの研ぎ澄まされたラップとDJ TUKUTZが繰り出す骨太なビートが醸し出すEPIK HIGHのステージはいつにもまして迫力のある雰囲気を放っていた。 また、公演終盤には、会場のファンが一斉に「SHOW MUST GO ON & ON (ショーはこれからもまだまだ続く)」というスローガンをかかげ、これまでのジャパンツアーを駆け抜けてきたメンバーへサプライズ演出を行う場面もあり、公演の熱気は終始冷めやらぬことなく、一気に約100分という時間が経過。アンコールの「DON’T HATE ME」で会場大合唱のフィナーレを飾り、公演終了後にも余韻が残るほどに強烈な印象を残したEPIK HIGHのジャパンツアーの最終ステージはこうして盛大に幕を閉じた。 なお、EPIK HIGHはこの後5月末からはじまる北米ツアーに加え、さらにその後の母国・韓国でのライブツアーを終えた後に、8月に行われる世界で活躍するアーティストが一挙に集う夏の恒例イベント「SUMMER SONIC 2015」で再度大阪・東京を訪れることが決定している他、夏のミュージックフェスを中心にさらなる日本活動を予定しているという。BIGBANGや2NE1ともまた違う、独自の魅力で音楽シーンを盛り上げる彼等の今後の活躍に是非注目したい。