E-girls もう一つの顔が巷で話題
5月20日に発売となった夏の最新曲『Anniversary!!』が好調スタートを飛ばすE-girlsだが、実はそのカップリング曲をきっかけにE-girlsのもう一つの顔が注目され、今巷で話題となっている。 E-girlsと言えば、その端正なルックスと本格的なダンスパフォーマンスが若い世代を中心に強く支持される、いまや説明不要の大人気ガールズ・グループ。 そんな彼女たちの曲は、『Follow Me』や『ごめんなさいのKissing You』に代表されるように、“カラフル・ポップな世界”のイメージが強いが、実はファンの間では、クオリティの高い名曲のカバーが多数あるというのも有名である。 今回発売された『Anniversary!!』にも、ベイ・シティ・ローラーズの往年の名曲にして、今も数々のアーティストによってカバーされ受け継がれている『Saturday Night』のカバー曲、『Saturday Night ~ロックな夜に魔法をかけて~』がカップリングとして収録されている。 また、過去には有名映画「ネバーエンディング・ストーリー」のテーマや、YMOの『ライディーン』、アン・ルイスの『恋のブギ・ウギ・トレイン』など、数々の名曲をカバーしており、そのどれもがファンの間で高く評価されている。 過去の名曲達を彼女たちが表現すると一体どのように生まれ変わるのか、原曲のファンの方もそうでない方も是非、その辺りに注目して聞いてみて欲しい。きっと違ったE-girlsの魅力が感じられるはずだ。 彼女たちの5月20日発売のニューシングル『Anniversary!!』は、毎日がキラキラ輝くために、アニバーサリーのような1日を過ごそうと願うE-girlsのポジティブな思いが込められた、夏にぴったりの開放感に溢れたダンスロックナンバー。 海辺にあるビーチハウスを舞台にメンバー同士が楽しそうにはしゃぐシーンや新ダンスの“縄跳びダンス”などが見られるミュージックビデオが話題を呼んでいる。 (参考) 「E-girlsの過去のカバー曲」・「THE NEVER ENDING STORY ~君に秘密を教えよう~」(1stアルバム『Lesson1』収録)(カバー元:「The Neverending Story」 / リマール(1984年))・「恋のブギ・ウギ・トレイン」(2stアルバム『COLORFUL POP』収録)(カバー元:「恋のブギ・ウギ・トレイン」 / アン・ルイス(1979年))・「I Heard A Rumour ~ウワサWassap!~」(2stアルバム『COLORFUL POP』収録)(カバー元:「I Heard a Rumour」 / バナナラマ(1987年))・「RYDEEN~Dance All Night~」(2stアルバム『COLORFUL POP』収録)(カバー元:「ライディーン」 / YMO(1980年))・「おどるポンポコリン」(3rdアルバム『E.G. TIME』収録)(カバー元:「おどるポンポコリン」 / B.B.クイーンズ(1990年))・「うれしい!たのしい!大好き!」(3rdアルバム『E.G. TIME』収録)(カバー元:「うれしい!たのしい!大好き!」 / DREAMS COME TRUE(1989年))・「ロックンロール・ウィドウ」(3rdアルバム『E.G. TIME』収録)(カバー元:「ロックンロール・ウィドウ」 / 山口百恵(1980年))・「I SHOULD BE SO LUCKY」(DJ MAKIDAI from EXILEアルバム『EXILE TRIBE PERFECT MIX』収録)(カバー元:「I Should Be So Lucky」 / カイリー・ミノーグ(1987年)) 【E-girlsその他の写真はクリック】☆話題曲続々!E-girlsの曲はこちら