J☆Dee'Z リリイベ大詰め!キレキレダンスにファン大歓声
5月23日土曜日、メンバー全員が2000年代生まれの中高生ダンスグループ、J☆Dee’Zがタワーレコード渋谷にて、20日にリリースされたニューシングル『だいすき』発売記念イベントを開催した。 休日のタワーレコード4Fには、話題の中高生グループを一目見ようと沢山の観客が詰めかけた。イベント開始時刻になり、J☆Dee’Zのメンバーが弾ける笑顔と共にステージに登場すると、店内には歓声が響き渡った。 ライブのオープニングは、ニューシングルのカップリング曲でピアノのサウンドが印象的な『Pinky Swear』を披露し、観客の心をぐっと掴んだ。そのままMCを挟むことなく、デビューシングルから爽やかなEDMナンバー『Let the music flow』を、キレのあるダンスと共に見せつけた。 今回のリリースイベントでは、初めて名古屋、大阪も周ってきたJ☆Dee’Zは、「ただいま東京!」と語りタワー渋谷でイベントを行えることに喜びを表した。 ライブの締めくくりを飾ったのは、5月20日にリリースとなった岡村靖幸のリスペクトカバーとしても話題となった新曲、『だいすき』を披露。この楽曲の象徴的な歌詞、「ヘポタイヤー」の部分では、観客を巧みにあおり、最後はお客さんとメンバーが一体となりライブを盛り上げた。 リリース週の今週毎日ライブイベントを開催しているJ☆Dee’Zだが、いよいよ、明日24日(日)で7日間連続行ってきたイベントが最後となる。 ライブを重ねてより一層輝きを増す彼女たちの姿をぜひともチェックしてほしい。夏には初の東名阪ワンマンライブツアーも発表されており、そちらも期待される。