Gカップ葉加瀬マイ 最後のドMシーンが過激すぎる
先月グラビアと決別し、韓国芸能界への挑戦を表明した葉加瀬マイ。彼女の最後となるイメージDVD『覚醒』が4月20日に発売されている。 このほど秋葉原・ソフマップアミューズメント館にて発売記念イベントが行われた。現在葉加瀬は韓国に住み、語学留学中。このイベントのために一時帰国した。 「最後のDVDにして”S”に『覚醒』しました。監督さんからも今まで”M”が似合うとずっとMを追求してきたのですが、今回”ぱっ”とSに目覚めちゃいました。蹴ったり、体に字を書かせたり恥ずかしいシーンがいっぱいなので見てのお楽しみです。ボンテージを着たシーンがおすすめです。」とアピールした。辛かったシーンには「Sに覚醒するきっかけになるシーンでメイド服姿で机に縛られてるんですけど、これが長い時間ずっとで、足腰がすごい痛くて。」と葉加瀬史上最後のMシーンは過激だったようだ。 韓国では今事務所には所属せずフリーで活動しており、韓国を基盤に芸能活動ができるよう奔走中の彼女。「韓流ドラマを見て、韓国が好きになったわたしの原点がそこなので、韓流ドラマに出ることが目標です。」と語り、「ソフマップさんでイベントを開くことがグラドルとしてのステータスだったし、ファンの方に会えなくなるのは寂しいですが、違った形でお会いできればうれしいです。グラビアはやりきった感じ。」とグラビアファンには少々残念な言葉が飛び出したが、彼女の韓国への挑戦はまだ始まったばかりだ。 ☆グラビアアイドルのセクシーショット満載!【クリック】☆葉加瀬マイ、渡韓前のインタビューはこちら!【クリック】