速報後どこよりも早いAKB48総選挙予想が決定
「第7回AKB48選抜総選挙 速報発表特番」がニコ生にて放送され、60万人近いユーザーが番組を閲覧した。 「AKB48メンバー生出演!速報発表直前SP」では、AKB48 小笠原茉由、佐々木優佳里、島田晴香、倉持明日香、田名部生来、NGT48 北原里英が出演し、ユーザーとともに速報結果を見守った。 そのまま、会場となったニコファーレでは、倉持明日香、北原里英、そしてMCの吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)を残し、青木宏行(光文社編集長)、青木篤志(プロレスラー,世界ジュニアヘビー級37代目王者)、宇野常寛(PLANETS編集長)、濱野智史(社会学者、批評家)、ボン溝黒(AKB大好き芸人)、目黒スプリング 北村(北原里英大好き芸人)ら論客を招き世界一早い速報結果を元にした予想特番を放送した。 推し曲と共に登場した面々。それぞれが、今回の総選挙の注目点を上げながら、速報結果の総括も行なった。 参加した全員がHKT48の躍進に驚き、宇野常寛氏は「規模的にも小さい博多がグイグイ行っているのが面白い。玄人が押している印象」と解説。青木編集長は、選抜だけを考えるとAKB48の牙城が崩されていると指摘。また、チーム8の可能性も話すのだが、自身の推しであった小嶋真子がランクインしていなかったことでどこか元気がない状態に。倉持明日香から「元気だして下さい!」とエールをかけられるほど。しかし、その後の順位予想では16位に小嶋真子をピックアップし、しっかりと応援体制を魅せた。 北原里英も去年自身が速報で選抜に入りながらも、本選では選抜にはランクインしなかったことを上げ「速報に入らなかったメンバーは落ち込んだりしているかもしれないけど、本当にわからないよ」とアドバイスを送った。宇野氏は個人的な順位予想で横山の速報順位の低さを嘆き「この先10年の48グループはダメ」になると9位に横山由依を上げた。「ジャスティスの問題」と熱弁し、横山の本選での躍進を願った。 また、濱野氏は推しである島崎遥香を5位に上げ「去年ぱるるの順位は当てた」と自信を見せる。そしてここで、MCの吉田尚記氏から「渡辺麻友」の話題がないと指摘を受けると、「2連覇は難しい」と皆が順位予想で1位に渡辺麻友を選択しない事態に。濱野氏も「物理法則として厳しい」と指摘した。最後に、アンケート機能を使いながら番組独自の選抜16位を予想し番組を終了した。果たして、本選となる6月6日結果はどうなるのか? 第7回AKB48選抜総選挙 速報発表特番~AKB48,SKE48,NMB48,HKT48各劇場から同時生中継~【AKBグループその他の記事はクリック】☆AKB48楽曲ラインナップは【クリック】