倉持明日香がAKB48総選挙に立候補しなかった理由
5月20日(水)、第7回を迎えたAKB48選抜総選挙の速報特番がニコニコ生放送で配信された。 当日は、AKB、SKE、NMB、HKTの各劇場と中継を結び、ニコファーレから生放送された特番には、AKB48小笠原茉由、佐々木優佳里、島田晴香、倉持明日香、田名部生来、NGT48 北原里英が揃い、ファンと一緒に速報の行方を見守った。 立候補した小笠原、佐々木、島田はどこかしら落ち着かない様子だったが、倉持、田名部に関しては今回立候補をしていない。 MCの吉田尚記アナウンサーに不出馬の気持ちを聞かれた倉持が、その理由をゆっくりと語りだした。「一言でいうと“なんとなく”な気持ちで出るのが失礼だと思ったから。ありがたいことに毎回選んでいただいているのですが、私“なんとなく”って言葉が嫌いで、総選挙の時期が来て、今回は“なんとなく“出るかなって思ってしまった自分が、すごいカッコ悪いなっと思ってしまって、じゃあ、出るのを辞めようと。”なんとなく“出てる人に票を入れるのって私としては申し訳ない気持ちでいっぱいになりますから。でも不出馬を決めたらこの総選挙の大きさを実感しましたね。」と話すと、「もっちーの気持ちを大事にしたい」という応援コメントが多数書き込まれた。 同じく不出馬を表明した田名部は「AKBに入って9年で去年初めて71位に入れていただいたあとに、この順位をもっと噛みしめていたいと思い、もう来年は出ないと決めていました。去年でもう最後と覚悟を決めていたので。」との思いにほかのメンバーから驚きの声が上がった。 今年NGT48キャプテンとして新潟に赴任することが決まっている北原は「総選挙での目標はどうしても選抜に入ることです。それはNGT48として新潟に行くからには、選抜メンバーとして行くことがプラスになるのではという気持ちがあります。」とNGT48の今後を見据えての力強い発言が飛び出した。 番組開始から20分後、予定通り速報が80位より発表され、80位にAKB48大家志津香の名前が読み上げられると期が近い北原、倉持が大きな声を上げ喜びを爆発させた。 発表が進むごとにメンバーは一喜一憂し、佐々木が50位に、そして北原が10位にランクインし「おめでとー!」と祝福ムードに包まれた。ニコ生出演メンバーからは11位に入った谷真理佳の選抜メンバー入りに「がんばってほしいなあ。」と声援が集まっていた。 第7回AKB48選抜総選挙 速報発表特番~AKB48,SKE48,NMB48,HKT48各劇場から同時生中継~【AKBグループその他の記事はクリック】☆AKB48楽曲ラインナップは【クリック】