ANNA☆S 新境地見せた43回目のワンマンライブ
杏奈、優奈姉妹と幼馴染の涼夏の3人組の高校生LIVEエンタメアイドルユニットANNA☆S(アンナッツ)が5月19日に渋谷 club asiaにて第43回目のワンマンライブを開催した。 先日7月1日にニューシングル『命短し走れよ乙女/くるくるりん』の発売を発表しただけに、今回のワンマンは気合いの入り方が違った。 今までに発表された楽曲とライブ限定曲合わせて計20曲、2時間半近いステージ。恒例のオープニングSEで登場、前回オリコン13位を取った『人生!マジもったいないよ』でライブをスタートさせた。続いて『夢のトビラ』を連続で披露。開始早々で観客を魅了した。その後もライブ限定曲を繰り出して行き、オーディエンスは表情豊かに舞う彼女達のパフォーマンスを堪能した。 途中まだ未発表の新曲MVを会場限定で公開!!!観客からは歓声のあがり、その熱気で一気に会場は、ヒートアップ! 歓喜の渦となった。その後も彼女達の持ち曲を披露、後半に入り新曲「命短し走れよ乙女/くるくるりん」で会場の熱気はピークへ。 ラストは恒例のステージをおりてフロアで観客と一緒に盛り上がる『恋の自由形決勝』でステージを下りた。 アンコールを受けたANNA☆Sは、再びステージに登場し、カバー曲『春風Lover Song』、そしてバラード『ユメミチル』を歌唱。フロアから沸き上がる拍手をもって幕を閉じた。最後に彼女達からは「夢を叶える為、ここからまた新しいスタート」だとこのシングルにかける想いが語られた。7/1の発売シングルと彼女達の成長に目が離せない。