クイーンの世界ツアーにも参加した“世紀のボーカリスト”新作リリース
人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」シーズン8で準優勝し、2009年にデビュー・アルバム『フォー・ユア・エンターテイメント』、2012年にセカンド・アルバム『トレスパッシング』をリリース。 ソロ名義の活動だけでなく、伝説の英ロックバンド、クイーンのボーカリストとして世界ツアーに参加し、SUMMER SONIC 2014では”QUEEN + Adam Lambert”としてヘッドライナー出演。その圧巻のパフォーマンスで全世界を魅了する世紀のボーカリスト、アダム・ランバートが、ワーナーブラザーズに電撃移籍。3年ぶりとなるオリジナル・ソロ・アルバム『オリジナル・ハイ』を7月1日(US:6月16日)にリリースすることが決定した。 ニュー・アルバム『オリジナル・ハイ』は、ブリトニー・スピアーズやケイティ・ペリーなどを手がけるスウェーデンの大御所プロデューサー/ソングライター、マックス・マーティンと、共にテイラー・スウィフトなど数々の大ヒット作を生み出したスウェーデンのプロデューサー/ソングライター、シェルバックの最強タッグが制作を手がけており、クイーンのギタリストであるブライアン・メイや、スウェーデン出身の注目シンガー・ソングライター、トーヴ・ローらもゲスト参加。ファースト・シングル『ゴースト・タウン』のミュージック・ビデオは、数々のヒップホップ作品を手がける大御所ハイプ・ウィリアムズが監督を務めており、公開から早くも大きな話題を呼んでいる。 また、ファースト・シングル『ゴースト・タウン』に続き、アルバムからの更なる新曲『アンダーグラウンド』が本日よりデジタル配信開始。iニュー・アルバム『オリジナル・ハイ』の予約注文(プレオーダー)もスタートしており、いま予約すると、『ゴースト・タウン』と『アンダーグラウンド』の2曲がその場でダウンロードできる。