RYO the SKYWALKER 15年の軌跡詰まった新作リリース
今年でメジャーデビュー15周年を迎える日本を代表するレゲエDJ RYO the SKYWALKERの定期ワンマンライブ「リョーザのライブ4」が5/16日渋谷eggmanで開催された。 このライブはダンスホールレゲエの基礎に戻りマイクとターンテーブルのみというシンプルなスタイルで行うもので、RYO the SKYWALKERのレゲエDJとしての魅力を存分に体感出来る内容となっており、リリースツアーとは一味違ったものとなっている。 当日は往年のヒットチューンや懐かしのチューンの他に4曲の新曲『この旅を続けよう』『YANDEL』『GIFT』『Nothing』も初披露された他、BEATBOXERのAFRA、DJのアダチマン、ダンサーのJAKEN等のゲスト出演等盛りだくさんの内容で満員の会場は終始盛り上がりをみせた。 LIVE中にはメジャーデビュー15周年記念作品『喜怒哀楽 #RSW15th』が7/20にリリースされる事も発表された。 この作品には当日初披露された新曲『この旅を続けよう』『YANDEL』『GIFT』『Nothing』の4曲と、これまで発表した数多くのビッグチューンやfeat.参加曲の中から本人がセレクトし監修のもと制作されたノンストップMIXの収録が予定されている。 そして、DVDにはこのLIVEの模様が収録予定されており、RYO the SKYWALKERの15年の軌跡が詰まった作品となる。